人生は「CARPE DIEM」 with ロレックス

大好きなロレックスと歩む日々を綴ったブログです。

山梨旅行記 in 2017 Early Spring(Part3)

こんにちは!

いや~、今週もようやく中間点を過ぎましたね…

私は、先週ほどではないものの、残業やら飲み会等々によりヘロヘロな毎日を送っております(笑)

とは言うものの、相変わらずの「足りない頭 丈夫なカラダ」で倒れずに済んでおります(笑)


さて、きょうも前回の続きを展開したいと思います。

幸か不幸か、独占的に不老園の梅さんを観た後、日没まではもう少し時間があったので、「もう1か所どこかにいこうか」ということになりまして、不老園から目と鼻の先にある「甲斐善光寺」に向かいました。

善光寺と言えば、長野にある善光寺があまりにも有名ですが、山梨にも善光寺はあるんですね~

そこで、ウィキで双方の関係性を述べた部分を引用してきましたので、ご参考としていただければ幸いです。


○第三次川中島の戦いと信濃善光寺

甲斐善光寺は永禄元年(1558年)、甲斐国国主武田信玄によって山梨郡板垣郷(甲府市善光寺)に創建された。開山は信濃善光寺大本願三十七世の鏡空。

『高白斎記』に拠れば、戦国時代の大永3年(1523年)6月10日・大永7年(1527年)7月8日には甲斐守護・武田信虎が信濃善光寺に参詣している。信虎は当時、敵対する甲斐の有力国衆や他国勢力と抗争を繰り広げており、信濃善光寺への参詣は信虎が国内を留守にできるほど甲斐の統一的状況が生まれていたとも評価されている。また、信虎個人の宗教的動機のほか、大永4年(1524年)2月には上野国の関東管領・上杉憲房と相模国・北条氏綱の抗争に介入して関東へ出兵しており、大永7年6月には信濃佐久郡の伴野貞慶を援助するために国外へ出兵していることから、政治的動機も指摘される。

天文10年(1541年)6月14日には信虎嫡男の晴信(信玄)が信虎を追放し、家督を相続する。晴信は天文年間から信濃侵攻を本格化させ、北信濃の国衆を庇護する越後の長尾景虎(宗心、上杉謙信)と衝突し、北信濃(長野県長野市南郊)において五次に渡る川中島の戦いを繰り広げる。

天文24年(1555年)7月の第二次合戦では戦火が信濃善光寺に及んだ。善光寺別当の初代・栗田永寿は天文12年(1553年)の武田氏の北信濃侵攻では長尾景虎に属していたが、『勝山記』によれば永寿は武田氏の支援を受け、旭山城(長野市)に籠城して長尾方と戦っており、これ以前から武田氏と接触があったと考えられている。

『勝山記』によれば、天文24年7月23日には村上義清・高梨政頼が長尾景虎を頼り越後へ亡命すると、信濃へ出兵していた景虎は同日に善光寺へ陣を張った。『勝山記』によれば、これに対し武田晴信は旭山城に籠城する栗原氏に兵三千・弓八百張・鉄砲三百挺を支援した。

『勝山記』によれば、同年改元後の弘治元年閏10月15日には駿河国・今川義元の仲介により武田・長尾間の和睦が成立し、上杉方の城は破却され武田・上杉双方は撤退し第三次川中島の戦いは終結した。


○甲斐善光寺の創建

景虎は第三次川中島の戦いの終結後、信濃善光寺・大御堂本尊の善光寺如来や寺宝を越後へ持ち帰り、永禄初年頃には直江津(新潟県上越市)に如来堂を建設した。これにより直江津は信濃からの居住者が居住し、町場として発展している。なお、景虎が越後へ持ち帰った善光寺如来は本尊像ではなく、本尊像は旭山城へ籠城した栗田氏により避難されていたとも考えられている。

これに対し、晴信は弘治3年2月15日に信濃善光寺北西の水内郡・葛山城(長野市)を落とし一帯を勢力下に置くと、信濃善光寺本尊の阿弥陀如来像や寺宝を甲斐国甲府へ移転させ、栗田氏らも甲府へ転居した。善光寺別当栗田氏も武田方と上杉方に分裂している。

晴信は信濃善光寺本尊の善光寺如来を信濃佐久郡祢津に移すと、三年後の永禄元年に甲斐へ持ち帰っている。甲州市塩山・向嶽寺の『塩山向嶽庵小年代記』・永禄元年(1558年)条に拠れば、同年9月15日に善光寺如来は甲斐に到着し、甲斐の領民は狂喜したという。また、『王代記』では善光寺如来は同年9月25日に到着したとし、同年10月3日から板垣郷で普請が開始されたことを記している。永禄元年の甲斐善光寺創建には信濃善光寺の三七世住職・鏡空上人が本願主になっている。同年には栗田永寿も板垣郷に移住し、大下条(甲斐市大下条)に在国領を与えられ永禄8年までに死去している。

甲斐善光寺の造営は長期に渡り、善光寺如来は仮堂に収められ、永禄8年(1565年)に本堂が完成し、入仏供養が行われたという。その後も、元亀年間に至るまで造営は続いた。

三世住職は西誉空遠(せいよく うおん)で、永禄11年(1568年)に朝比奈泰熙の母が寄進した浄土曼荼羅図の補修を行っている。


ハイッ、長文の読解お疲れさまでした(笑)

長野と山梨の善光寺は隣の県どうしということもあり、双方ともに深い関係にあることがわかります。

ウンチクはこのくらいにしまして、画像の展開をば…

確か、以前に一度ココには来たことがあるので、久しぶりだぜ善光寺ベイベー!
20170315001_R.jpg


赤を基調とした寺院には傾きかけた夕日が似合いますね。
20170315002_R.jpg


キレイに刈り込まれた植込みも相まってGood Looking!
20170315003_R.jpg


ただ、参道もご覧のとおり…
20170315004_R.jpg


駐車場に至っては…
20170315005_R.jpg


TOKYO NOBODYも真っ青に誰もいない(笑)
20170315006_R.jpg
20170315007_R.jpg
20170315008_R.jpg


気を取り直し、改めてお寺を散策しますかね…
20170315009_R.jpg


木製の案内板ですが、経年劣化によりほぼその役目を終えておりました(笑)
20170315010_R.jpg


少し離れて本堂を望む…
20170315011_R.jpg


鐘周りも赤を基調としているんですね~
20170315012_R.jpg


本堂のサイドビュー。
20170315013_R.jpg


日本の伝統文化を感じます。
20170315014_R.jpg


神社仏閣に関しては、正月に地元の神社に初詣する以外ほとんど縁がないので、こうして改めて旅行で観て回るのもイイもんだなと感じましたね。
20170315015_R.jpg


本堂のサイドには大仏様も鎮座しておられました。
20170315016_R.jpg


こういった池もセットもんですよね。
20170315017_R.jpg
20170315018_R.jpg


おっと、池の中には鯉がいっぱい。

一瞬「しょ、将軍!」(by華麗なる一族のキムタク 笑)というセリフを吐いてしまいました(笑)
20170315019_R.jpg


こんな感じで、甲斐善光寺NOBODYをカマした後に向かったのは、お寺の向かい側にある「かいてらす」という施設でした。
20170315020_R.jpg


ようこそかいてらすBaby!
20170315021_R.jpg


このかいてらすは、所謂「山梨のお土産センター」的な存在で、ここに来れば、様々な山梨の名産品に出会えるところなのです。
20170315022_R.jpg


したがって、食品類や…
20170315023_R.jpg


小物類や…
20170315024_R.jpg


ジュエリー類や…
20170315025_R.jpg

衣服類まで揃えているのです。
20170315026_R.jpg


ってことで、私もカミサンも職場の方々へのお土産ちゅ~ことで、
20170315027_R.jpg


信玄桃ではなく…
20170315028_R.jpg


ほうとうチップスでもなく…
20170315029_R.jpg


こういった軽くて日持ちのするヤツをセレクトしときました。
20170315030_R.jpg
20170315031_R.jpg


さらに、ワインを始めとするサーケーの試飲もできましたが…
20170315032_R.jpg


クルマ移動中のため、泣く泣く諦めました(笑)
20170315033_R.jpg


こんな感じで、ひとしきりかいてらすでの買い物も楽しみました。
20170315034_R.jpg


そうこうしているうちに、そろそろ日没サスペンデットになりつつありましたので、今宵の宿へと向かいました。
20170315035_R.jpg

この続きは明日以降に展開します。
スポンサーサイト
  1. 2017/03/15(水) 12:38:38|
  2. TRAVEL
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://saimon07.blog.fc2.com/tb.php/860-1f1e960b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さいもん

Author:さいもん
ROLEXと氷室ックが大好きなボンビー三流リーマンです。
とりとめのない日々の雑感ですが、よろしければお付き合いください。

最新コメント

カテゴリ

Ref.116334 (18)
Ref.116710LN (8)
Ref.116520 (22)
Ref.116610LV (9)
Ref.116610LN (12)
Ref.116509 (15)
Ref.114060 (6)
Ref.116660 (7)
Ref.216570 (23)
Ref.214270 (12)
Ref.16610LV (1)
Ref.16710 (1)
ROLEX (43)
TAIBAN (63)
HIMROCK (23)
MY STYLE (10)
FOODS (125)
BRITISH SHOES (16)
OTHER SHOES (7)
SPORTS (63)
MUSIC (12)
HOLIDAY (23)
TRAVEL (80)
PHOTOGRAPH (9)
CAR (3)
BIKE (2)
TOY (2)
LIKE (2)
OTHERS (14)
未分類 (1)

最新記事

これまでの来訪者数

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR