人生は「CARPE DIEM」 with ロレックス

大好きなロレックスと歩む日々を綴ったブログです。

毎年恒例!ワイナリツアー(Part5)

おはようございます!

いや~、きょうからまさかの師走ですね~!

毎年毎年思うのですが、とても12月とは思えない雰囲気が、まだまだ私の周りには漂っています。

皆さんはいかがでしょうか?


さて、きのうの記事の内容が、私にしてみれば「オカモトのゴクウス」バリに薄っぺらい感じでしたので(笑)、自省の意味も込め、頑張って連日のアップをカマさせていただきます。

フルーツパークを後にした一行ですが、ネクステージである「ぶどうの丘」に向かいました。

ココも、このワイナリーツアーでは欠かせないスポットのひとつですね。
20151201001_R.jpg


この施設、甲州市が運営しているモノでして、地下のワイン・カーヴでは、200種類以上の地のワインを試飲&購入できるという、ワイン好きにはたまらんとな場所なんですね~!
20151201002_R.jpg


何はともあれ、試飲に行くぜぇ!!
20151201003_R.jpg


オフコース、白の甘口コーナーへ直行でしょう!
20151201004_R.jpg


試飲用のタートヴァン(有料・ツアー代に込み)を用意!
20151201006_R.jpg


おそらく、我々がこのワイン・カーヴの中で最も好きな「にごり・白」に、今年も会うことができました!
20151201005_R.jpg


会いたかったぜ!
20151201007_R.jpg


メシ食って1時間余で、またワインをガッツリとブチ込みます。
20151201008_R.jpg


にごり最高ッス!
20151201009_R.jpg


この「ナイアガラ」も間違いない味で、毎年飲みに来ています。
20151201010_R.jpg
20151201011_R.jpg


何気に「にごり系」は、我々の舌に合うんでしょうね。
20151201012_R.jpg


我々は基本的に赤は苦手なんですが、この「にごり・赤」だけは別格の扱いです(笑)
20151201013_R.jpg


あと、この「ピオーネ」ってヤツも、赤にしてはかなーり飲みやすかったです。
20151201014_R.jpg


ってな感じで、確実にワインボルト1本以上換算は試飲し捲りました(笑)

ちなみに、この「ぶどうの丘」は、ワイン・カーヴ以外にも楽しめるところがあるので、集合時間までブラついてみました。

まあ、あのフルーツパークからの「新日本三大夜景」がありますからね、こういった謳い文句にもナットクでしょうね。
20151201015_R.jpg


カーヴだけでなく、売店でも絶賛ワイン発売中~!
20151201015-1_R.jpg


「丘」というくらいですからね、甲府盆地もガッツリと俯瞰が可能となっております。
20151201016_R.jpg
20151201017_R.jpg
20151201018_R.jpg
20151201019_R.jpg
20151201020_R.jpg
20151201021_R.jpg
20151201022_R.jpg
20151201023_R.jpg


ややや、何かゴマツブ大の建物が見えますな…
20151201024_R.jpg


オット~!
20151201025_R.jpg


まさかの、「対岸からのフルーツパーク富士屋ホテル」ではないですか!?
20151201026_R.jpg


ぶどうの丘から見る富士屋ホテルもなかなかオツですね。
20151201027_R.jpg


こっちは、盆地方面ではなく「裏山方面」的な感じでしょうか?
20151201028_R.jpg
20151201029_R.jpg
20151201030_R.jpg


こういった、温泉施設も併設されているのですよ~
20151201031_R.jpg


さらには、宿泊施設もあるのですよ~
20151201032_R.jpg


柿がキレイに吊るされていましたね。
20151201033_R.jpg


例の「武田節」でしょうか。
20151201034_R.jpg


これは、椿でしょうかね。
20151201035_R.jpg


でもって、今回初めて、こういった石碑等があるのを新発見しました。
20151201036_R.jpg
20151201037_R.jpg


こんな感じで、ぶどうの丘での時間を愉しみ、集合場所に戻ったところ、何やらビッグバイクがたくさん駐車していたので、思わず激写してみました。

CBRのファイアーブレードも一時期欲しかったですね~
20151201038_R.jpg


グリーン好きにはタマラナイ、KAWASAKI HEAVY INDUSTRIESのカラーリングですね~
20151201039_R.jpg


しかし、このようにリアカウルの中にナンバープレートを隠すのはアカンですね~
20151201040_R.jpg


ツラ構えもカッコイイですが…
20151201044_R.jpg


このオーナーのバンク角はさほどでもないようです(笑)
20151201045_R.jpg


おっと~、こちらはYAMAHAの空冷の雄、ペケジェーではありませんか!
20151201041_R.jpg


しかも、チタン製のマフラーを奢ってます。
20151201042_R.jpg


オーリンズ&ブレンボはペケジェーの基本仕なっておりますね。
20151201043_R.jpg


おっと~、シメは洋モノの代表格であるDUCATIですね~!
20151201046_R.jpg


このファイティングレッドがカッチョイイですね~
20151201047_R.jpg


おっと~、まさかの「乾クラ」仕様でしょうか?
20151201048_R.jpg


タイヤをサイドまで使い切っていない割にはバックステップ入れてます(笑)
20151201049_R.jpg


今って、倒立フォークがメインストリームなんですかね?
20151201050_R.jpg


えー、ワインブログか単車ブログかわかんなくなってきましたが(笑)、こうして、ひととおり楽しんでネクステージに向かいました。
20151201051_R.jpg


この続きも、なるべく早くアップしますね。
20151201052_R.jpg
スポンサーサイト
  1. 2015/12/01(火) 08:03:16|
  2. TRAVEL
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<毎年恒例!ワイナリツアー(FINAL) | ホーム | 毎年恒例!ワイナリツアー(Part4)>>

コメント

こんにちは〜

超絶ご無沙汰しておりますm(_ _)m

甲州ワインは美味いですよね〜(≧∇≦)
僕も酒屋で時々買いますが、日本人の口にはヤッパリあいますよね。
和食にも合わせやすいですし(^ω^)
ふるさと納税でも甲州ワインを頼んだりしてます❗️

試飲をこれだけできて、このお値段はアリですね‼️
特殊なお酒は試飲で確認しないと買いにくいですし^ ^

ボトル一本ってことはなく、二本分くらいは試飲されてるように思いますよ(*^^*)
  1. 2015/12/01(火) |
  2. URL |
  3. SN7757 #elHNUkwE
  4. [ 編集 ]

さいもんさん

安心して下さい!見逃しませんよ~

バイクネタ興味あるわ~
白いヤツ、赤と白のコラボが少し残念な仕上がりです・・・ヤン車に見えます
所有者の方、すいません買えない者のひがみです

赤いヤツはポールスマートですか?
発売当時は話題になったヤツですね
まあ何年も遠ざかっているので、無知でさーせん

バイクは好きですが、私はもう乗れません
カーヴを見るとアクセルをひねってしまうんです、反射神経が著しく落ちているというのに・・・
それが怖いんです
  1. 2015/12/01(火) |
  2. URL |
  3. ヒゲおやじ #-
  4. [ 編集 ]

SN7757様

おはようございます!

おっと~!

これはこれは、SN7757様!

こちらこそ、大変ご無沙汰致しております!

お忙しい中、きのうはコメントありがとうございました!

SN7757様も、TKGや裸婦会でご活躍されていらっしゃると存じますが、いかがお過ごしでいらっしゃいますでしょうか?

最近、東京組は静かですので、関西組で盛り上がっていただけると、こちらも嬉しくなりますね。

さてさて、SN7757様はワインもイケる派でいらっしゃいましたか?

仰るとおり、甲州産のワインは日本人の口に合うように造られていますから美味しいですよね~

しかも、お値段的に庶民価格なモノも多いですから、ヘタな輸入モノより信頼度は高いと思います。

最近は、イイ感じの和食のお店にも甲州ワインを置いているところも多いですよね。

したがいまして、板さんがその実力を認めている証でしょうね。

しかし、SN7757様はふるさと納税で甲州ワインを頼まれるほどワイン好きでいらっしゃるのですね?

であれば、ぜひともいつぞやはサイゼのワインで対バンをよろしくお願いいたします(笑)

仰るとおり、コレだけガッツリと試飲でき、更にはチーランもセットで足代込みでこの価格、チョーお値打ちだと私も思います。

ちなみに、中部地方や関西地方にはこういったツアーはないのでしょうか?

あればぜひ参加されてみてはいかがですか?

バスでの往復中は爆睡間違いないッス!ですよ(笑)

確かに、ツアー途中のぶどうの丘時点で、既にワインボトル2本以上は空けてたような…
  1. 2015/12/02(水) |
  2. URL |
  3. さいもん #-
  4. [ 編集 ]

ヒゲおやじさん

おはようございます!

きのうはまさかの連投ありがとう存じます!

しかし、おやじさんの鋭い観察力には頭が上がりませんね…

流石、毎日「聖水」を目薬として常用されていらっしゃるだけのことはありますね(笑)

まあ、その聖水をどこから仕入れていらっしゃるかには興味ありますがね(笑)

今回の記事の後半のバイクネタは、基本的にはおやじさん用に放り込んだようなものですよ。

おやじさんはかつて、族車…、失礼、レーサーバイクでサーキットでブイブイゆうてたんですもんね。

確か、らぶろれさんブログで以前、サーキットでハングオンされている写真が掲載されてましたもんね。

でもって、ペケジェーがヤン車ですか…

確かに、ゼファーやペケジェーにような空冷は、族車としてコール切りやすいですからね…って、乗り方違うやないかーい!

DUCATIに関しては、私も全くの無恥、もとい、無知なもんでして…

ただ、氷室ックの代表作でもある「KISS ME」のシングルCDジャケに、DUCATIの9ナントカに跨った氷室ックの写真がデカでかと載ってたのは覚えてます、ただそれだけですが(笑)

確かに、おやじさんクラスのような、サーキットでブイブイゆうてた方にとっては、コーナーを見るとアクセル開けたくなる気持ちは抑えきれないでしょうね。

単車はコーナーでアクセルを開ける方が安定しますもんね。

単車でテールスライドさせながら逆ハン切る醍醐味は、ホントに経験者しか分からないですよね。

そういった経験ができただけでも、おやじさんも私も幸せだったのではないでしょうか?

なんか、まともな文章になってさーせん(笑)

今度、エ〇話だけでなく、単車の話もさせていただきたいですね(笑)
  1. 2015/12/02(水) |
  2. URL |
  3. さいもん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saimon07.blog.fc2.com/tb.php/744-292d7145
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さいもん

Author:さいもん
ROLEXと氷室ックが大好きなボンビー三流リーマンです。
とりとめのない日々の雑感ですが、よろしければお付き合いください。

最新コメント

カテゴリ

Ref.116334 (18)
Ref.116710LN (8)
Ref.116520 (22)
Ref.116610LV (9)
Ref.116610LN (12)
Ref.116509 (15)
Ref.114060 (6)
Ref.116660 (7)
Ref.216570 (23)
Ref.214270 (12)
Ref.16610LV (1)
Ref.16710 (1)
ROLEX (43)
TAIBAN (62)
HIMROCK (22)
MY STYLE (10)
FOODS (120)
BRITISH SHOES (16)
OTHER SHOES (7)
SPORTS (61)
MUSIC (12)
HOLIDAY (23)
TRAVEL (80)
PHOTOGRAPH (9)
CAR (3)
BIKE (2)
TOY (2)
LIKE (2)
OTHERS (13)
未分類 (1)

最新記事

これまでの来訪者数

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR