人生は「CARPE DIEM」 with ロレックス

大好きなロレックスと歩む日々を綴ったブログです。

ロレックスを愛した「ミスター・ポップアート」に触れて

こんばんは!

ゴールデンウイーク初日という方も多かったかと思いますが、皆さんいかがお過ごしになられましたでしょうか?


さて、前回記事の続きになります。

例のサルヴァトーレでガッツリとワインを飲んだ後、我々夫婦は六ヒルに向かいました。


六ヒルに来るのもかなーり久しぶりでしたね。
20140426001t_R


不夜城(by 武金城)でしょうか(笑)
20140426002_R.jpg


ナイトシーン with グリムティも間違いない!
20140426003_R.jpg


そそくさと、森美術館に向かいます。
20140426004_R.jpg
20140426005_R.jpg


結構イイ時間ですね。
20140426006_R.jpg


でもって、目的はコレ!
20140426007t_R


言わずと知れた、ポップアートの奇才、「アンディ・ウォーホル展」ですね!?

オフコース、皆さんもご存知ですよね!?

アンディ・ウォーホルがロレックスを愛用していたということを…
20140426008t_R


ではでは、天空の空間に参りましょう(笑)
20140426009t_R


いやー、六ヒルも早10周年ですか…
20140426011_R.jpg


おっとー!

何ッスか?
20140426012_R.jpg
20140426013_R.jpg
20140426014_R.jpg
20140426015_R.jpg


どうやら、撮影は可能なようです(笑)
20140426016t_R
20140426017_R.jpg
20140426018_R.jpg


なるほど、このBMWはアンディが手掛けた「作品」だったんですね!?
20140426019_R.jpg


デカデカとマリリンの画が掲げられてましたね…
20140426020t_R


アレレ…
20140426021t_R


オレ、ガッツリ飲酒してるんだけど(笑)
20140426022_R.jpg


まあ、今回に限り無礼講でイキましょうか(笑)
20140426023_R.jpg



でもって、この後は一切撮影禁止でした。

ひととおり見終わった後、もう一度BMを撮ってみました。

いやー、実にレーシーですねー
20140426024_R.jpg


とりあえず、グリムティとコラボっときましょうかね。
20140426025_R.jpg


こんな感じで、ミスター・ポップアート展を堪能いたしました!
20140426026_R.jpg


最後に、アンディ・ウォーホルについてあまりご存じない方のために、今回のウォーホル展のチラシから少々引用させていただきます。

きっと、「あー!コレは見たことあるー!」という作品があるのではないでしょうか?
20140426027t_R
20140426028t_R
20140426029t_R
20140426030t_R


いやいや、ロレを愛した偉大なる芸術家の作品を改めて拝むことができ、私も非常に嬉しかったですね。
20140426031_R.jpg
20140426032_R.jpg


ちなみにこのアンディ・ウォーホル展、このGW終わりまでやっているようですので、ロレックス好きの皆さんもよろしければぜひ!
20140426033_R.jpg
スポンサーサイト
  1. 2014/04/26(土) 23:50:25|
  2. Ref.116710LN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<HES with Ref.116610LV | ホーム | 対バンではないのにガチ飲み!?>>

コメント

さいもん様

おはようございます、今朝も一足早い五月晴れで、今日も一日、気持ち良く過ごせそうですね。

こちらこそ、一昨晩はさいもん様&らぶろれ様 超絶カリスマブロガー様方ご両人のお声が聞けて、楽しかったですよ。

クオモでの1時間マルゲリータ スパーリングワイン流し込み事件から六ヒルに行かれたのですね。

恥ずかしいながら、まだ私は六ヒルを訪れた事が無いのですよ。

ホリエモンが東京地検特捜部に家宅捜索された際にテレビで見た超絶セレブリティな方々が住まわれているビルですよね。

そこで、アンディ ウォーホル展があったのですか。

芸術的な趣味を共にお持ちになるさいもん様ご夫婦には、うってつけの催しですね。

ポップアートの奇才で、原色では無いゆる~い色使いが特徴ですが、単に顔色が悪いと言ってはそれまでですか。

懐かしのBMW7シリーズですか、レーシーでカッコよかったですよね。

彼の手に掛かれば、バックトゥザフィーチャーのデロリアンの様に変貌していますね。

ウォーホルはアンテークロレックスの収集家としても、ロレフリークには有名ですね。

ロレのデザインは、歴史の偉人、奇才も認めていたという事でしょう。

ロレックスを愛した偉人と言えば、元祖ツインターボのキューバの革命家 チェ ゲバラでしょうか。

ツインターボを愛する、さいもん様は正に現代のチェゲバラですよ。

これからも、いろいろ革命を起こして下さいね。

ブラキン&ブラビアの至高のツインターボも見たいですよ。
  1. 2014/04/27(日) |
  2. URL |
  3. まなやん #-
  4. [ 編集 ]

まなやん様

こんにちは!

いやー、きょうの江戸もスカッと晴れ上がりました!

しかしながら、先ほど私はJUWをカマシてしまいましたが(笑)

さて、例のクオモでガッツリとザーピーをワインで流し込んだ後、ほろ酔い気分でギロッポンに向かいました。

おっとー!

まなやん様はまだ六ヒルに行かれたことがないのですね!?

確かに、六ヒルといえば、ホリエモンや村上ファンド関連のイメージがありますよね…

まあ、ココに住んでおられる方々というのは、「勝ち組の中の勝ち組」といわれる人なんでしょうね…

そんな六ヒルで、アンディ・ウォーホル展があったんですよね。

私は全然芸術的な作品に暗い人間なんですが(笑)、やはりアンディ・ウォーホル=ロレックスのイメージがありますので、今回ばかりは観に行ってきましたよ!

展示されていたBMWですが、こんなクルマにまで見事なアートを施してしまうアンディ・ウォーホルの才能には度肝を抜かれた感じでしたね。

まさしく、マイケル・J・フォックスのバック・トゥーザ・フューチャーのようでした。

仰るとおり、アンディ・ウォーホルがロレックスのコレクターであったということは、我々ロレフリークの間でも有名ですよね。

特に、レディースやボーイズを好んでいたというのも聞いたことがありますね。

奇才であるアンディ・ウォーホルですが、一方で、普遍的なロレックスのデザインを認めていたのかもしれないですよね。

おっと、出ました!

歴史上の英雄である「チェ・ゲバラ」ですね!?

彼がGMTマスターを愛用していたことについては、つとに有名ですよね。

いやいや、私なんぞは革命とは全く無縁の「只野ボンビー三流リーマン」ですから(笑)

革命はおろか、日々生き延びるのに精いっぱいですよ(笑)

なので、細々とこれからも生きて行こうと思います。

ブラビア&ブラキンのツインターボですか!?

それはそれで面白そうですので、今度やってみようかと思います!
  1. 2014/04/27(日) |
  2. URL |
  3. さいもん #-
  4. [ 編集 ]

さいもん様

こんばんは

六本木ヒルズ=六ヒルと呼ぶんですか
これは頂きですね、こっちで決めてやります「おまいら、六ヒルはヨー」なんてね

私も3回訪れた事がありますが、1回はタッチ&ゴーで退却、1回は外でチャンネー舐め回しウォッチングして退却、1回は1階付近を怪しげにうろついて退却なので内部は何も知らないのです

知らないといえばアンディ・ウォーホル様、知りませんでした~
アンディ・フグはファンでしたけど

これこれ、酔っ払い入ったらいけませんて、連行されますよ
もひとつ、これこれタバコは16歳から吸ってはいけません、18からにしときなはれ・・・えっ?
まぁ私も中坊・・・やめまときましょ(笑)今はクリーンですよ

グリムティの黒顔、屋内で非常によか塩梅で輝いていますね、それに今更ですがグリーンの針とレタリングのスパイスが効いて絶妙です

  1. 2014/04/27(日) |
  2. URL |
  3. ヒゲおやじ #-
  4. [ 編集 ]

さいもん様

こんばんは!

思わずおっと思っちゃったのが、キャンベルスープでした(笑)あの缶のデザインもアンディが手がけたのでしょうかね。

うちもキャンベルスープは愛用しております。アメリカの家庭にもかなり浸透しているそうですね。お手軽にハイレベルな味が家庭で再現できるのは本当にありがたいですよ。

って、時計に関係のないコメントでした(´;ω;`)

ではまた!
  1. 2014/04/27(日) |
  2. URL |
  3. えーす #JalddpaA
  4. [ 編集 ]

ヒゲおやじ様

こんばんは!

ヒゲおやじ様はきょうもお仕事だったんですよね?

そんなお忙しい中でもコメントいただけてホントにありがとうございます!

さてさて、こちらでは六本木ヒルズを通称「六ヒル」と呼んでおりますね。

もうこれはクセみたいなもんでしょうか…

なので、ぜひヒゲおやじ様も今後は「六ヒルはyo~」といった感じでフツーにお使いください(笑)

おっと~!

ヒゲおやじ様の六ヒル履歴は何気に「華麗」ではありませんか!?

チャンネー舐め回しウォッチングなんて、なかなかできた代物ではないですよ(笑)

まあ、ギロッポンを闊歩するチャンネーは結構クオリティ高いですからね(笑)

アレッ?

超絶ロレコレクターでいらっしゃるヒゲおやじ様が、アンディ・ウォーホルをご存じありませんでしたか!?

それは私も驚きですね!

いやー、さーせん!

まさか森美術館が酔っ払い禁制だったなんて全然「聞いてないよー」でした(笑)

だったら最初にチラシにでも「酒禁止!」とか書いとけよ!って感じでしたが(笑)

これまた、さーせん!

私は高校が男子校だったので、その当時にヤニ食うのは誰しも「必然」でしたね!(笑)

でも、ヒゲおやじ様は中学生のころからヤニ食われていたんですね!?

では、「お互い様」ということにいたしましょうか(笑)

最後に、グリムティお褒めいただきありがとうございます!

グリーンのGMT針とグリーンのレタリング、コレもひっとしたら次期モデルではなくなるかもしれないですね?

そのあたりも個人的に注目していきたいと思います。
  1. 2014/04/27(日) |
  2. URL |
  3. さいもん #-
  4. [ 編集 ]

えーす様

こんばんは^^

えーす様もGW中のお忙しい中コメありがとうございます!

おっとー!

えーす様はアンディ・ウォーホルの作品の中では「キャンベルスープ」に反応されましたね!?

恐らく、あの缶のデザインはアンディが手掛けたのではないかと私も思います。

実に独特なデザインですよね!?

やはり、あれはアンディならではのデザインだと思います。

おっとー!

えーす様のご家庭ではキャンベル・スープをご愛用されていらっしゃるのですね!?

流石は「国際派」のえーす様。

本当に美味い「本物」をご愛食ですね!?

キャンベル・スープ、何気にフランスパンを浸して食ったら美味そうですね!?

ではでは、明日からも頑張りましょう!
  1. 2014/04/27(日) |
  2. URL |
  3. さいもん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saimon07.blog.fc2.com/tb.php/580-12b3975a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さいもん

Author:さいもん
ROLEXと氷室ックが大好きなボンビー三流リーマンです。
とりとめのない日々の雑感ですが、よろしければお付き合いください。

最新コメント

カテゴリ

Ref.116334 (18)
Ref.116710LN (8)
Ref.116520 (22)
Ref.116610LV (9)
Ref.116610LN (12)
Ref.116509 (15)
Ref.114060 (6)
Ref.116660 (7)
Ref.216570 (23)
Ref.214270 (12)
Ref.16610LV (1)
Ref.16710 (1)
ROLEX (43)
TAIBAN (63)
HIMROCK (23)
MY STYLE (10)
FOODS (126)
BRITISH SHOES (16)
OTHER SHOES (7)
SPORTS (66)
MUSIC (12)
HOLIDAY (23)
TRAVEL (81)
PHOTOGRAPH (9)
CAR (3)
BIKE (2)
TOY (2)
LIKE (2)
OTHERS (14)
未分類 (1)

最新記事

これまでの来訪者数

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR