人生は「CARPE DIEM」 with ロレックス

大好きなロレックスと歩む日々を綴ったブログです。

ここまで使い込んだら本望でしょう…

おはよん!ございます。

きょうも都区部はイイ天気です。

どっか行きたいですね~


さて、先日、「何かブログのネタになるモノはないかな~」と思っていたら、以前に購入した雑誌「Pen」が目に入りました。



2年前の5月発売ですね。



この号は、1冊丸ごと、美しい腕時計の特集です。



挨拶代わりの雲上時計連射!

ヴァシュロンに…



パテ…



そして、ランゲ&ゾーネ。



おっと、我がロレックスも、「WGデイトナのルーレットダイアル」で頑張っておりました。



ルクルトも紹介。



ちなみにデイサブは、「Mission Watch」として紹介されていましたね。




おっと、各界著名人の愛用の逸品の紹介ですね。





そこで出てきたこのDJ!





この方がどなたかは存じませんですが、ここまでDJを使い倒せるってスゴいです。時計としても本望でしょう。






2011年のバーゼルでRef.216570も発表されておりましたね。




ちなみに私の保有するRef.116334、ここまでガンガン使うのは…、ムリでしょう。


スポンサーサイト
  1. 2013/03/16(土) 06:12:58|
  2. ROLEX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<イチゴ狩りツアー(Part.1) | ホーム | 並行新品購入価格に関する考察…>>

コメント

さいもん様

こんにちは!!!

やはり著名人はウン百万クラスのお時計をご愛用

なんですね。やっぱり流石って感じです。

ティーンエイジャの頃から1本のDJを愛用している

ブリュレさんも凄いですね。ほんとに体の一部と化

していますね。生涯この1本でという感じですね。

こんな愛用の仕方もとても素敵だと思います。

仮に僕がこの1本だけとなったら今の手持ちロレ

の中ではRef.116520でしょうか。でもロレックス

に興味がある以上そういうことはできないですね。

一時的に1本になったとしてもすぐに増殖していき

そうですから。。。(笑)
  1. 2013/03/16(土) |
  2. URL |
  3. ワンちゃん #-
  4. [ 編集 ]

さいもん様

カリブルの座りの悪さは、ピカ一でした。
プレゼントの偵察に訪れた際に、勧められて試着したものの、アジア人を全く想定してないようなコマの大きさで、コマ詰めしたとしても違和感を拭い切れない代物でした。

その上ケースが3ピース構造であることを誇らしげに言われましたが、車のホイルでもケースでも1ピースに勝るものはないはず!と、思っているので文字盤は良かったのですが、コマ&ブレスの中空が嫌なので候補から外れました。

シャネルのJ12も試着しましたが、ブレスが全体的にグラグラなので見送り。

宝飾品メーカーは、マトモな商品ねーな。と、思っていたのですがピアジェは一級品でしたね。自社ムーブメントかつ最薄!しかしながら、値段は…。

腕時計を買いたいのに、これといった決定打が有るのもがない。
耐久性、CP、還元率を考えると、ROLEXしかなくなるのですよね。でも、もうROLEXいいかな。さいもん様は、オメガから入られたのですよね。私は、ROLEXから入りましたが、逆にROLEXは最後に取っておくべきであったと思っています。

変な例えで恐縮ですが、時計道を天ざるに例えるなら、ROLEXから入るのは真っ先に車海老の天麩羅を食べてしまったようなものだと思います。
後は、芋やししとうや大葉(好きです)しかない。CP悪い、還元率低い、唯一つり革バトル(笑)に勝てるぐらいでしょう。雲上なら!しかし、相手が負けたと認識するかは別ですが。

1つを長く使いたいと思いながらも、いろいろ試したい、相反する気持ちを押さえきれないですね。

すいません長文失礼しました。DLCは、15万程で耐久性は10円玉で擦っても無傷な程ですよ。
  1. 2013/03/16(土) |
  2. URL |
  3. ニンジャ #-
  4. [ 編集 ]

さいもん様

こんにちは。

いやぁ~雲上時計満載ですね!

タイラー・ブリュレ氏という方は、素晴らしいですね。

まさに30年間の歴史を感じさせる一品ですね。

メンテはその間に2回だけというのも、ロレの耐久性を表していますね。

30分も時間を進めるとは、途轍もなく多忙な方だと推測できますね。

世界中を飛び回っているが故に、飛行機なども頻繁に利用するのでしょう。

乗り遅れなど絶対に許されないのでしょうね。

30分のリスクヘッジは当然なのかもしれません。

この方は決してヲタクではないのでしょうが、ロレックスに絶対の信頼感を抱き、一つのロレックスと生涯を共にする、所謂「終の時計」と考えているのかもしれません。

相棒とか軽々しく呼べない、身体の一部なのでしょうね。

羨ましいですね(^0^)
  1. 2013/03/16(土) |
  2. URL |
  3. ロレ卿の詩 #-
  4. [ 編集 ]

ワンちゃん様

こんばんは!

きょうも先週末に引き続き、遠出をしておりました。

さて、著名人(成功者)ともなると、もうロレ程度では満足しないのでしょうかね。

雲上かつ他の著名人とカブらないとかそういった選び方になるのでしょうか?

しかしこのブリュレ氏もスゴいですね。

13~4歳で機械式時計に興味を持つというのは、通常の人ではなかなかいないですよ。

しかし、「投資になるモデルを…」といって、氏をロレックスのフロアに連れて行った店員も素晴らしいアドバイスですね。

いずれにしても、1本のDJをここまで使い込めるというのはとてもステキですよね。

コキズひとつ付いただけで凹んでる私のような「小さい男」には到底できない芸当です(笑)

というか、普通は「ロレ1本を大事に使う」のでしょうね。

私が異常でした(笑)

仮に「1本だけしか残せない」シチュエーションになったら私はどうしましょうか?

本来的にはRef.116334なのでしょうが、ブラサブをはじめとする他のスポロレも残したいですし…

「決められない男」になりそうです。




  1. 2013/03/16(土) |
  2. URL |
  3. さいもん #-
  4. [ 編集 ]

ニンジャ様

こんばんは!

きょうは1日遊びに行っておりました。

さて、ニンジャ様はPenに紹介されていたカリブルを試着されたことがあったのですね。

確かに写真を見ても、コマ1つひとつが大きめに見えますので、特に私のような細腕ですと、微調整は至難でしょうね。

ロレのグライドロックに慣れてしまうと、他はムリにならざるを得ないですかね。

しかし、カリブルは、時計雑誌のランキングではけっこう上位に来ている場合もありましたが、どういった基準でセレクションしているのか疑いたくもなりますね。

シャネルのJ12って、白黒あるセラミックのヤツですよね。

あれも、特にファッション的にはひとクセあっていいのでしょうが、ガンガン使い倒せるか?と考えると・・・といった感じでしょうか。

しかし、ニンジャ様はお若いのに、既に本格機械式時計については達観の域ですね。

仰るとおり、耐久性・ステイタス・換金率等、総合的に勘案するとロレの右に出るブランドは皆無ですね。

もうロレはそういった世界が確立しておりますから、戦争等にでもならない限り、たぶん私がこの世からいなくなっても安泰でしょうね。

モノは考え方ですが、私はニンジャ様がロレから入られたのは大正解だったと思いますよ。

しかも20歳代中盤という時期もイイですね。

若くして、「最良で最高の実用時計」に巡り逢ったのですから。

私も20代でロレを欲しかったのですが、そのときはバカみたいにクルマ&洋服にカネを注ぎ込んでいたので買えませんでした。

なので「仕方ないからオメガ」です。

海老の天麩羅は上手い例えですね。

確かに私もそのとおりだと思いますよ。

しかしながら、ロレには「海老」の種類がハンパなく多い訳じゃないですか。

しかもその海老はいずれも負けず劣らずの美味さがあります。

なので私も身の回り「海老だらけ」ですよ(笑)

したがって、私はその「海老」が食傷気味になるまで食べ続けたいと思います。

おそらく、一生食べ続けると思いますが。

DLCの件ありがとうございます。

15万円で、10パン喧嘩上等ですね。

ナマで仕上がった商品見てみたいですね。






  1. 2013/03/16(土) |
  2. URL |
  3. さいもん #-
  4. [ 編集 ]

ロレ卿の詩様

こんばんは!

きょうは信州方面に「出張」しておりました。

「Pen」はたまに機械式時計や本格靴などの特集をやってくれるので好きですね。

まあ雲上時計に関しては指を銜えて見ているしかないのですが…

ブリュレ氏は、ある種ロレオーナーの「あるべき姿」を実践されておられますね。

なかなか日本人の中学生にロレックスがどうの言っても訳ワカメでしょうが、氏はその頃から機械式時計に対する拘りを持っていたわけですからね。

しかもそれを30年間肌身離さずってのがスゴいです。

並大抵の人間ではできないですよ。

氏のメンテのスパンに関しては、所謂「ワンちゃん様式考え方」といったところでしょうか?

調子悪くなるまで放って置く感じですね。

都合15年に1度でしたら、日ロレがメンテ代をいくら値上げしようと、余りオサイフには影響はありませんね。

それでもOHすればキチッと作動するのがロレの耐久性ですから、安心して使えますし。

私も必ずロレは日差を「数秒~数十秒のプラス」に倒していますが、氏の30分プラスに倒すというのは凄過ぎますね。

どれほど忙しいのでしょうかね?

しかし、30分進めておけば、日差がどうのなんて「関係ないねっ!」でしょうか(笑)

氏のように、中坊で「終の時計」と出逢えるのは奇跡的かもしれませんが、それが故に「身体の一部」には十分なっておりますね。




  1. 2013/03/16(土) |
  2. URL |
  3. さいもん #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://saimon07.blog.fc2.com/tb.php/43-3f1934b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

さいもん

Author:さいもん
ROLEXと氷室ックが大好きなボンビー三流リーマンです。
とりとめのない日々の雑感ですが、よろしければお付き合いください。

最新コメント

カテゴリ

Ref.116334 (18)
Ref.116710LN (8)
Ref.116520 (22)
Ref.116610LV (9)
Ref.116610LN (12)
Ref.116509 (15)
Ref.114060 (6)
Ref.116660 (7)
Ref.216570 (23)
Ref.214270 (12)
Ref.16610LV (1)
Ref.16710 (1)
ROLEX (44)
TAIBAN (63)
HIMROCK (23)
MY STYLE (10)
FOODS (126)
BRITISH SHOES (16)
OTHER SHOES (7)
SPORTS (69)
MUSIC (12)
HOLIDAY (23)
TRAVEL (86)
PHOTOGRAPH (9)
CAR (3)
BIKE (2)
TOY (2)
LIKE (2)
OTHERS (14)
未分類 (1)

最新記事

これまでの来訪者数

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR