人生は「CARPE DIEM」 with ロレックス

大好きなロレックスと歩む日々を綴ったブログです。

「ライブハウス『サイゼ』へようこそ!」(part1)

こんばんは。

きょうで8月も終わりですね。

この夏もアツかったですが、それにトドメを刺すような猛暑日でしたよ、きょうの東京は。


さて、きょうの私は比較的余裕がありましたので、昼過ぎに皆さんへのコメReを了した後、「そうだ、初体験の『ひとりサイゼ』に行こう!」と思い立ちました。

ということで、ホームグラウンドであるジュクシンのとあるサイゼを訪店しました。



きょうのお供は久々に登場のデイサブでした。



しかしきょうの東京もアツかったですね~



早速、My定番のデキャンタ白500mlがサプライ!



流石はサイゼ、どこの店舗でも首いっぱいまでワインを入れてくれます。



きょうはひとりで飲みましょうか・・・



皆さん「ひとりメシ」される時ってどうされてます?

おそらく大多数の方が、スマホでウエブ閲覧や本を読まれる等々かと存じます。

ところが私は違うんですね~

なにやら見覚えのあるケースが・・・



おっと~!

先般の瀬名君との「対バン」で大活躍のポータブルDVDプレーヤーではありませんか!




きょうの肴は氷室ックのPV集である「Captured Clips」ですね。

これはソロデビューした1988年から2006年までのPVをまとめた秀逸クリップ集なのです。



始まりましたね~

BOOWYの遺産で骨の髄までしゃぶり尽くした、商魂逞しい東芝EMIです。




オフコース、他のお客様のご迷惑とならぬよう、イヤホン使用ですね。



ここに、「ライブハウス『サイゼ』」が完成!



これは、2ndシングルのDEAR ALGERNONのPVですね。

ミルクを飲む氷室ック。



そして、袖で口を拭きますからね。カッコ良過ぎ!



そうこうしているうちに、毎度お馴染みの定番メニューが一気にサプライ!


替え玉。



白ワインの肴として超絶マッチなキャベツとアンチョビのソテー。



さいもんスペシャルの相棒として欠かせないガーリックトースト。



そして、肝心要の本体!



おっと~!

ここでやおら取り出したモノは・・・

近くのコンビニで調達した「明治十勝6Pチーズ 脂肪分25%カット」ではありませんか!



コレを2個取り出してどうするのか・・・



ちなみに2個足しても100kcalイキません。



おっと~!

まさかの「本体」に2個ブチ込み!



本体がアツいうちに、チーズを溶け込ませましょう!



フォークの背を使うと早く溶けますよ。



ご覧のとおり、チーズが見事に本体と同化しました。



この後はいつもどおり。

替え玉を本体にブチ込みます。



ここに新メニュー「さいもんスペシャルⅡ」が完成!

ちなみに、何でさいもんスペシャルにチーズを投入しようと思ったのかというと、チョッと「コク」を出してみたいと考えたからなんですね~

さいもんスペシャルファンの方もぜひトライしてみてください!



慌しくガーリックトーストをさいもんスペシャルⅡ用にクオーターカット。



白タンク仕様の氷室ックをバックに、最高のシチュエーション!



かなり久々に登板のデイサブもご機嫌でしょう。



キャッチボールをする氷室ック。サマになってますね~



おっと~!

キマシたね~

アラフォーの方なら良くご存知の「KISS ME」のPVですよ。

氷室ック史上、最も売れたシングルですからね。




完全にライブハウス・・・



おっと~!

ココで氷室ックの「超絶笑えるPV」のひとつである「魂を抱いてくれ」がスタート!



氷室さ~ん・・・



チョッとヤリ過ぎじゃないですか~



数年後の本人へのインタビューで、コレはヤリ過ぎたと述懐していたようです(笑)





この、「普通に砂漠をウオーク」はカッコイイんですけどね~



そろそろこのあたりでバッテリー切れになってきました。

続きは明日展開させていただきたいと存じます。

最後に、きょうの記事のタイトルである「ライブハウス『サイゼ』へようこそ!」は、BOOWYフリークの方であれば良くご存知の、「"GIGS" JUST A HERO TOUR 1986」のファイナルの武道館公演で、氷室ックが「IMAGE DOWN」の間奏で言い放った名言「ライブハウス武道館へようこそ!」をパクッたモノです。

スポンサーサイト
  1. 2013/08/31(土) 21:02:17|
  2. FOODS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

夏の終わりのHTS with Ref.214270

こんばんは。

いやいや、ようやく今週も終わりましたね~

っていうか、実質的に今年ももう3分の2が終わろうとしているっちゅ~話やないですか!

「Time flies like an arrow.」とはまさにこのことですね。

1日1日を大切に過ごしたいものです。


さて、今週はずっと「エクワンらぶ」で、Ref.214270を連続装用しておりました。

先日、定時アガリクスできた日に、「そういえばエクワンのHTS(日比谷トワイライトショット)を撮ってね~な~」と思い立ち、早速実行に移しました。


お馴染みの、日比谷通りと国会通りがクロスする内幸町交差点。

もうこの時点で「エクワン最高!」。



日比谷Parkに入園~♪



こちらももうお馴染みの「デカ時計」。



軽ぅ~くエクワンリミナルをカマシましょうか。

こう観ると、ホント私の細腕に対するサイズィングが素晴らしいですよね。






この日もオフコース、夏のテッパンコーデであるLevi's517ホワイトデニム&Tricker'sでしょう!



日比谷公会堂をバックに・・・



ここからのショットも好きなんですよね。芝生とビル群のRendezvous的な感じで。





おっと!

このビルも皆さん見覚えがありませんか?

前回までのHTSでは「キラーン!」ショットに超絶アシストをしてくれたビルですよ。

ところが今回は、もう日没の時間が早くなっている関係上、太陽がビル壁に反射しておりませんでした・・・



似非「キラーン!」風。



でも、これはこれでイイ画が撮れたかも・・・




おっと~!またやるんですか!?



ちなみに前回の取材記事。
http://saimon07.blog.fc2.com/blog-date-20130522.html


そりゃ年に何回もやれば9回目にもなりますよ・・・



デカい「ボンボリ」でしょうか(笑)



フェストに向けて、着々と準備が進んでおりました。





日比谷公園名物の噴水周りもフェスタ用の客席で固められておりましたので、若干離れ気味のショット。



フェスタは、きのうの木曜日からあさっての日曜日までの開催ですね。



最後に、インペリアル・テルホをバックに、エクワンショット三連荘!





先のらぶろれ様情報によりますと、年内にも日ロレによる正規改定があるらしいとのことです。

となると、並行相場もそれに併せて上昇する可能性がありますね。

現在、並行では唯一アンダー50万で購入できるエクワン。

最後の最後の「買い」のタイミングでしょうか・・・

それでは皆さん、Have a nice weekend!!


例の「ツインターボ企画の組合せ投票」、8月末まで絶賛受付中ですので、投票がまだの方はよろしくお願いいたします!

http://saimon07.blog.fc2.com/blog-date-20130827.html

  1. 2013/08/30(金) 21:10:05|
  2. Ref.214270
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

三大交響曲を愉しむ

こんばんは。

きょうの東京は、きのうおとといよりは快適でなかったのですが、もう「真夏」ではなく、「晩夏」なんだなぁ~と思わせる天気でしたね。

しかし、また明日からガッツリ気温と湿度が上がるらしいですが・・・


さて、きょうはきのうのつづきになりますね。

小一時間ほどでサイゼにて食事等を済ませ、コンサートの会場である東京芸術劇場に向かいました。


まあ「向かった」と言っても、サイゼの隣なんですけどね。サイゼの右に写っているのが芸術劇場です。メッチャ近いですよね。



徒歩30秒ほどでしょうか(笑)



東京芸術劇場はかれこれ4年ぶりに来たのですが、前は一直線の長~いエスカレーターだったのが、現在は「二段階方式」に改修されていましたね。

やはりこれだけ高いところまで一直線という構造は、安全面ではあまりよろしくないとの判断でもあったのでしょうか?



おっと、この日の公演のポスターですね。

写っているのは今回の指揮者である広上淳一さんで、クラシック好きの間では「カリスマ指揮者」で通っています。



天井も高いですね~



デカいですね~



エスカレーターで高く上ったところからの俯瞰ショット!



大ホールの入口に着きました。この先に「小ホール」もあります。



控え目に「キラーン!」。



天井にもこんな装飾が。




コンサートホールに入ります。



ゆったりとしていますね~



冬場はクロークにコート等を預け、会場内ではスマートに振る舞いたいですよね。



さらにエスカレーターで上に行きます。客層の年齢は高めでしょうか・・・



今回は、1階席でステージのほぼ正面の座席でしたので、ココからホール内に入ります。



開演前のホール内はこんな感じです。気持ちも高まってきますね。



お~、こういった場所こそ、まさにRef.116334にはお誂え向きではありませんか!



先ほどワインをほぼ「ガブ飲み」したので、開演直前にキッチリと「3番」を済ませましょう。



ちなみに「3番」とは、飲食業界でも良く使う隠語でして、私が高2で初めてバイトを経験した「ロイヤルホスト」の場合は、「1番」が「食事休憩」・「2番」が「お茶休憩」・「3番」が「お手洗い」として使われていました。

なぜこのような隠語を使うのかというと、お客さんの前で「トイレ清掃入りま~す!」とか言うと、メシが不味くなるからと教え込まれました。

「3番清掃入りま~す!」だと、何言ってるのかふつうの人だとわからないですもんね。

なので、今後とも拙ブログではよく「3番」と出てくると思いますが、お手洗いの「隠語」ということを覚えておいていただけると幸いです。

ちなみに、この「3番」は、飲食業界以外でも使われているようです。

先般のロレ卿の詩様とのオフ会で判明したことですが・・・

おっと失礼、話が逸れました(笑)


3番も済ませたところで、遅れ馳せながら今回のパンフですね。



おっと~!

開演3分前で余裕のオジン川相バリ「GSS」(逆シングルショット)をカマシております(笑)



DJⅡは「間違いない」です。



クラシックコンサートですので、当然の如くオンタイムで始まり、「未完成」・「運命」の順に演奏され、休憩となりました。



いやぁ~、両曲とも良かったですね~

特に「運命」は、皆さんよくご存知の「ジャジャジャジャ~ン!」以外のところも非常に良いメロディですので、ぜひフルサイズで聴いてみていただきたいですね。

ちなみに開演から1時間15分ほど経っております。

おっと~!

再び「キラーン!」。



パンフには、今回演奏される三曲の解説もあります。

今回は皆さんのために、画像からですと字が読みにくいでしょうから、頑張ってタイピングしました!

まず、「未完成」です。



○シューベルト 交響曲 第7番 ロ短調 D759 〈未完成〉

同じウィーンに住む敬愛すべき先輩、ベートーヴェンの存在を意識しつつ、フランツ・シューベルト(1797~1828)は、どちらかといえば不遇な音楽家として日々を送っていた。

少年時代から五線紙に書き記してきた数多くの作品は、彼の友人や周囲のファンたちをのぞいてほとんど注目されず、ベートーヴェンのように公開コンサートで華々しく演奏されることがなかったからである。

後世の人が命名し、現代の私たちもそう呼ぶことに慣れている〈未完成〉交響曲も、彼の生前には陽の目を見ずに終わった曲だ。

そもそも、なぜ〈未完成〉というニックネームが付けられているのか(作曲家がわざわざ、不完全なものに題名を付けて世に送り出すとは考えにくい)。

この作品はシューベルトが1822年頃に作曲しながら、彼の死後37年間も忘れられていたのである(シューベルトの知人が楽譜をしまいこんだままにしておいた)。

1865年に発見されたこの曲は、どうやら全4楽章の壮大な交響曲として作曲を進めながらも、何らかの事情で第1・第2楽章を完成させた後に第3楽章のわずか数小節のみを作ったところで中断したようだ。

そして「おそらく道半ばで筆を折ったのだろう」という想像のもとに〈未完成〉と呼ばれるようになったのである。

日本では1935年(昭和10年)に公開された劇映画『未完成交響楽』で、曲の魅力がさらに知れ渡ったと言えるだろう。

曲は、やや悲観的な香りがするものの力強い第1楽章(ロ短調、ソナタ形式)と、おだやかでシンプルな“歌”にあふれた第2楽章(ホ短調、変則的なソナタ形式)から成る。

演奏時間は約25分だが、もし完成されていたら50分を超える大作になっていたかもしれない、と想像するのもまた楽しい。

楽曲データ
作曲:1822年
初演:1865年12月17日、ウィーン
演奏時間:約25分


次に、「運命」です。



○ベートーヴェン 交響曲 第5番 ハ短調 作品67 〈運命〉

〈未完成〉交響曲の作曲より15年ほど前、1808年の12月にウィーンで発表(初演)されたのが、ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェン(1770~1827)の交響曲第5番、通称〈運命〉である。

ベートーヴェンは9つの番号付き交響曲を完成させたが、それは19世紀初頭における交響曲の発展史でもあった。

オーケストラの楽器や人数が少しずつ増え、先輩作曲家のハイドンやモーツァルトがやらなかった様々な作曲手法を、まるで実験をする科学者のように試行錯誤しながら音楽を書いていたのだ。

結果的にはそれが、その後に続く作曲家たちの道を開き、交響曲の可能性を大きく広げたのだから、やはりベートーヴェンは革新的なクリエイターだったのである。

交響曲第5番においては、有名な冒頭の4つの音(音型)が交響曲全体のリズムを支配していること(よく聴くと、曲のあちこちに「タタタタン」というリズムがあふれている)、第3楽章と第4楽章が続けて演奏されること、第1楽章がハ短調で始まるのにフィナーレはハ長調で終わること(それまでの基本ルールでは同じハ短調で終わるのが通例)など、当時としては目新しいことを多数試していた。

楽器構成においてもピッコロやトロンボーン、コントラファゴットが交響曲で使われることは珍しく(教会音楽やオペラなどにおいてはトロンボーンが使われていた)、そうしたことを思いながら当時の聴衆の気分になって聴けば、あらためてこの名作が印象深くなるかもしれない。

曲は、有名な「運命のモティーフ」で始まる第1楽章(ハ短調、ソナタ形式)、2つの主題をもとにした変奏曲である第2楽章(変イ長調)、やはり「運命のモティーフ」が基本となっている第3楽章(ハ短調、変則的な三部形式)、そして勝利への前進あるのみといった雰囲気の第4楽章(ハ長調、ソナタ形式)から成る。

楽曲データ
作曲:1803~08年
初演:1808年12月22日、ウィーン
演奏時間:約31分


そして最後に、「新世界から」です。



○ドヴォルザーク 交響曲 第9番 ホ短調 作品95 〈新世界から〉

19世紀の初頭に活躍したベートーヴェンやシューベルトに対し、現在のチェコであるボヘミア地方に生まれたアントニン・ドヴォルザーク(1841~1904)は、より地方色を音楽に反映させた民族楽派(または国民楽派)の代表的な作曲家だと言えるだろう。

そのドヴォルザークが52歳のときに発表した交響曲第9番〈新世界から〉は、彼にとって最後の交響曲となった名作。〈運命〉〈未完成〉と異なり、このニックネームを命名したのは作曲者本人だ。

新世界とは、作曲当時に音楽院の院長として赴任していたアメリカのこと。

ニューヨークを拠点に生活していた彼は、国を二分した南北戦争の終結から2年ほどしかたっていないこの国の文化や音楽、そして開拓者精神などに感化され、その強い印象を音楽に反映させている。

さらにはヨーロッパ音楽を積極的に吸収し、同じレヴェルへと引き上げようと努力する姿勢にも感銘を受けた。

〈新世界から〉というニックネームには、そうした感動をヨーロッパ(特に故郷のボヘミア)へ伝えるという意味も込められているのだろう。

曲は4つの楽章から成る。

第1楽章(ホ短調、短い序奏付きのソナタ形式)は、船出をするような主題や幸福に抱かれるような主題が演奏され、音楽に希望を乗せて進む。

郷愁的な第2楽章(変ニ長調、変則的な三部形式)は、イングリッシュ・ホルンが演奏する有名な主題を軸に進み、中ほどでは第1楽章で演奏された主題が、雄大な山のようなファンファーレとして再び登場する。

民族舞踊のような第3楽章(ホ短調、変則的な三部形式)は、のどかな田園風景を連想させる音楽。

そして未来への希望を音楽に託したような第4楽章(ホ短調、ソナタ形式)では、第1~第3楽章で演奏された主題が走馬燈のように現れては消え、雄大なアーチを描いてフィナーレを迎える。

楽曲データ
作曲:1892~93年
初演:1883年12月16日、ニューヨーク
演奏時間:約40分



やっぱり、ドレッシーなRef.116334とクラシック、最高のマッチングです!



開演前や休憩時間では、こんなバーラウンジで軽くアルコールなんてのもオツでしょうね。



まさに「大人の雰囲気」といったところでしょうか。



おっと、そろそろ私の超絶好きな「新世界から」が始まりますので「キラーン!」。



クドいようですが、DJⅡをマクロ撮影!



いやぁ~、新世界は本当に何度聴いても、第4楽章のラストの盛り上がりで鳥肌が「ブウァ~」っと立ちますね~

こういうのって氷室ックのライブでは経験できないんですよ。

ある種クラシック特有の経験でしょうね。

「カリスマ」広上淳一サンも素晴らしいパフォーマンスで、演奏終了後は10分くらい拍手が鳴り止みませんでしたしね。

ホント、これだからクラシック鑑賞はやめられないッスね!

というワケで、終演後の「キラーン!」。



そして、帰路に就こうとJRブクロ駅で山手線に乗ろうとしたら、ナント、我が専修大学の広告があるではありませんか!?



こんなところで、まさかの「DJⅡ×専大」のコラボショットが撮れました!



こんな感じで、私の「夏の風物詩」である、読売日響による「三大交響曲」を今年も堪能いたしました。



皆さんもぜひ、クラシックを聴かれてみてはいかがですか?

当たり前ですが、現代音楽にはない、古典的・普遍的な良さがタップリと含まれておりますよ!

中でも「新世界から」は非常に聴き易いと思いますよ。

ちなみに「新世界から」のCDは新品でも安ければ1,000円未満で、中古でよければブックオフなんかで200円くらいで買えますからね。

ぜひどうぞ。

私も、来年の公演がもう今から楽しみです!


例の「ツインターボ企画の組合せ投票」、8月末まで絶賛受付中ですので、投票がまだの方はよろしくお願いいたします!

http://saimon07.blog.fc2.com/blog-date-20130827.html
  1. 2013/08/29(木) 19:22:17|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

三大交響曲の前に

こんばんは。

きょうでようやく一週間の折り返しですね。

さて、話の鮮度的には些か古くなりますが、先週の水曜日、カミサンとブクロの東京芸術劇場までクラシックコンサートを観に行ってきました。

演目は、「三大交響曲」といって、シューベルト作曲の交響曲第7番「未完成」・ベートーヴェン作曲の交響曲第5番「運命」・ドヴォルザーク作曲の交響曲第9番「新世界から」を毎年夏に、読売日本交響楽団が行う恒例のコンサートなんですよね。


【ちなみに今年の広告はこんな感じでした】



皆さんもベートーヴェンの「運命」くらいは、タイトルだけでも流石にお聞きになったことはあるでしょう。

それでこの私、数多いクラシックの中で最も好きなのがドヴォルザークの「新世界から」なんですよね。

これは小学校のときに音楽の授業の一環として区の公会堂に音楽鑑賞に行って聴いたとき以来ですから、それこそ30年近く好きですね。

したがいまして、この読売日響の「三大交響曲」は、もうここ7~8年間、ホント毎年夏に観に行っておりまして、私にとってはもう「阿波踊り」みたいなモンなんですよね。

ということで、今年の公演が先の21日の水曜日に行われたというわけなのです。


私も最近はジュクシンやシブヤでの出没が多く、ブクロは超久しぶりッスね。



駅を出るとスグに東京芸術劇場の大きな建物が見えます。



おっと~、これは長瀬智也主演のドラマ「I.W.G.P」の舞台である池袋ウエストゲートパークではありませんか!



開演は18時30分からだったのですが、池袋駅には17時過ぎに着きましたので、カミサンの夕食に付き合おうということで・・・



またサイゼかよっ!

でも仕方ないじゃないですか(笑)

ここの店舗名が「東京芸術劇場前店」っていうくらいですから、まさに「渡りに船」でしょう。



きょうはクラシックコンサートですからね。

ドレスコードも考え、ロレはRef.116334にしてみました。



今回は「S席」なので、良席からの鑑賞が期待できます。



ホントにサイゼのライティングは明るいので、WGベゼルによる「キラーン!」がやりやすいの何のって・・・



ダブルですね。





おっと~!早くもデキャンタ白500mlがサプライ!



店を大体18時過ぎには出ようと考えておりましたので、いつもの量である1,000mlを40分で空けなければなりません!



早く飲もうぜ~♪



「置きショット」もイイ感じです。



先般の瀬名君との「対バン」の記事でもおわかりのように、私は夜は食べないのですが、流石にそれだと食事をするカミサンに悪いので、私も少し「お手伝い」することにしました。

「替え玉」ですね。でも「お手伝い」ですよね・・・



替え玉バックに「キラーン!」



おっと~!「本体」登場ですね!



いつものように豪快に替え玉を本体にブチ込み・・・



ハイッ、さいもんスペシャル完成!



お~、食べる前からイイ感じでワインもススム君ですね。



残り時間?を考えると、早くデキャンタ白500mlをもう1杯お替りしないと!



で、話はこうです。

いつもは自分ひとりで食べるさいもんスペシャル&ガーリックトーストをカミサンと「半分こ」し、そのほかにカミサンはメインの料理を頼むことにしたのです。



ということで、私の食べるいつもの「半分」。



おっと~!いつもは先にサプライされるガーリックトーストが「本体」より後に来るってど~いうこと!?



まあいいでしょう。さいもんスペシャルを乗っけて食べるときの基本である「四等分」。



カミサンはチキンのグリルをメインでオーダーしました。



ん~、しかしいつ食べても「さいもんスペシャル with ガーリックトースト」は美味い!



おっ、そろそろ1杯目が空きますね・・・



カミサンからの「おすそわけ」(笑)←お子様かよっ!



おっと~!デキャンタ白500ml2杯目がサプライ!



残り時間?あと15分!



まあ今回は食べる量が少ないですからね、余裕で完食~




ワインも「私が」ガブガブ飲んで「定刻」に間に合いました(笑)




外食産業において日本最強のコスパを誇るサイゼ。



こんな感じでほろ酔い気分になりながら、東京芸術劇場に向かいました。



肝心のコンサート鑑賞については明日!


例の「ツインターボ企画の組合せ投票」、8月末まで絶賛受付中ですので、投票がまだの方はよろしくお願いいたします!

http://saimon07.blog.fc2.com/blog-date-20130827.html
  1. 2013/08/28(水) 19:34:54|
  2. FOODS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

対バン「白会」開催!(後編)

こんばんは。

きょう週明けの東京は、非常にカラッと晴れ、しかも気温もさほど上がらなかったので過ごしやすかったですね。

このママ秋に突っ込んでいって欲しいのですが・・・

まあムリでしょう。


さて、きのうのつづきですね。

21時前には早くもワイン1リットルを空け、だいぶイイ感じになりました。


そして、いよいよここから、本当の意味での「対バン」が始まります!

おっと~!BOOWY関連のライヴDVDかぁ~!?



これは、BOOWYが1986年11月、アルバム「BEAT EMOTION」をリリースして、初めてオリコンチャート1位を獲得し、そのアルバムを引っ提げてのツアーの模様を収録したヤツで、まさにBOOWYが「頂点を極めた瞬間」の映像ですね。



コイツは、BOOWYがライブハウス「新宿LOFT」で活躍していた時代から、先ほどのBEAT EMOTIONツアーまでの画像を時系列的に収録したもので、BOOWYの「変化」をリアルに感じ取ることができる映像ですね。



そしてこれは、例の2011年3月11日の東日本大震災の復興支援ライブということで、同年6月11、12日に東京ドームで全曲BOOWYで行われた氷室ックのライブ映像ですね。



これまでの瀬名君とのやり取りの中で、彼があまりBOOWYの映像を観たことがないということでしたので、私の保有する膨大なBOOWY・氷室ック映像を順次貸してあげようと考えたのですが、ただ「ハイ、貸してあげるから観終わったら返してね」では私らしくないんですよ。

ということで、何やら出てきましたよ・・・



んんっ、「SONY」ですと!?



キマシたね~、ポータブルDVDプレーヤーですよ!



先日、瀬名君との対バンを考えたとき、「よしっ、次はDVDを貸すときに、対バン中にその中身をダイジェストで説明して渡そう。そうすれば瀬名君もよりこれらのDVDについて認識が深まるだろう。」と思ったワケですよ。

しかし、いくらザワザワしているサイゼといえど、DVDプレーヤーから大きな音を流すわけにはいきません。

ところがどっこい、心配無用なんですね~

このプレーヤーにはこのように「2人用」のイヤホンジャックが付いているのです。



したがいまして、2人でイヤホンを付けながら周りに一切迷惑をかけずにDVD鑑賞をガッツリ愉しめるってわけなんですよ!

私も考えたでしょう?

ということで、ハ~イ、デキャンタ白500ml3杯目~



事前に瀬名君にもイヤホンを用意するように指示しておきました。(さり気にHYS)



おっと~!早くも氷室ックの語りに瀬名君も興奮気味!



キマシたね~、1984年の新宿LOFTでのライブ映像ですよ!



この当時、氷室ックは深い剃り込みの入った鬼リーゼントでしたので、瀬名君も「ヤヴァイッスよ」を連発しておりました。



いやぁ~、しかしBOOWYを肴にサイゼでワインを飲めるなんて、この上ない幸せですよ。



つづいて、「BOOWYが日本のロックバンドの頂点を極めた瞬間」の映像ですよ!



この頃の氷室ック、カッコ良過ぎです。



早くも1,500ml空きました~



デキャンタ白500ml4杯目~



ちなみに、この頃のBOOWYのステージ衣装は「ジャン・ポール・ゴルティエ」プロデュースでした。



う~ん、いつ観てもカッコイイぜ!



おっと~!瀬名君からは「ブログ1周年オメデトウございます!」ということでこんな素敵なサプライズが!

本当に瀬名君は若いのに気の利く男です。



一方の私、一生の不覚にも瀬名君へのプレゼントを忘れてしまいました(200タキ汗)



本当に申し訳ない!次回、必ず用意させてもらいます!


おっと~!ココでDVDは「東日本大震災復興支援ライブ」にチェンジだ~!



氷室ックはこの当時50歳でしたが、それを観て瀬名君が「氷室ックはマジ50に見えないッスね~」を連発しておりました。



おっと~、早くもデキャンタ白500ml5杯目~




だんだん二人ともベロンベロンに酔ってきました(笑)

たぶんもうこの頃は二人とも狂犬病みたいにギャンギャン超絶五月蝿かったハズです

おっと~!瀬名君の「Like氷室ックポージング!」



ガンガン飲み捲る瀬名君。



お互いにワインがススムススム!




おっと~、禁断のデキャンタ白500ml6杯目~



ココはロレオフのお約束ですね・・・



白顔ツープラトンアタック!



最後まで瀬名君は「ヤヴァイッスよ!」の連発(笑)

もうワインなくなるし・・・



翌日瀬名君が仕事ですので、23時過ぎにアガリクスと相成りました。



今回の対バン、どんだけ盛り上がったのかは、この1枚のレシートが全てを証明しているでしょう!



2時間半強でワインが520ml×6で3,120mlですよ!

ほぼ2人で同じペースで飲みましたから、一人当たり約1.6リットルですよ!

フルボトル2本以上をひとりで空けたことになります。

いやぁ~、それでいて2,220円ですよ!

サイゼ最高!

その一方、当然コレだけ飲んでしまいましたから、私も帰りのタクシーでどう帰ったかを全く覚えておりませんし、翌朝気付いたら「トンデモナイ格好」で寝ており、超絶二日酔いで午前中死んでました。

したがいまして、ヘパリーゼの効果はなかったようです。←当たり前だろって

でも、最高に楽しい「対バン」でしたので、瀬名君、また次もサイゼでDVD観ながらベロンベロンになるまで飲もうぜ!

最後に、皆さんはくれぐれも、サイゼで一切FOODSをオーダーせずにワインを飲み捲るのはやめましょう!

  1. 2013/08/26(月) 20:50:22|
  2. TAIBAN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

対バン「白会」開催!(前編)

こんばんは。

きょうの東京は超久しぶりに最高気温が30℃を下回り、真夏日から解放されました。

よって、かなり過ごしやすかったです。


さて、きのうは皆さんも良くご存知の若手のホープ「瀬名君」との「対バン」をして参りました。

名目として、先週(18日から始まる週)は、瀬名君の31歳の誕生日と私のブログ開設1周年がありましたので、差し詰め「双方の記念日対バン」という感じでした。

良く考えたら、私はこの8月、4週連続オフ会をやっていることになりますね(笑)


きのうはシブヤでの対バンでした。



瀬名君は木金が休日なのですが、ムリを言って土曜日にアジャストしてもらいました。ありがとう!



サタデーナイトですから、シブヤのセンター街も賑やかでしたよ。



今回も「ガチ飲み」が想定されましたので、モラール君バリに「ヘパリーゼ」を事前摂取しておきました。



ココでもオフコース、オジン川相バリの逆シングル!



今回の対バン用ライヴハウスは、やっぱサイゼかよっ!

でも流石はシブヤのサイゼですね。東京の飲食店でもバイトの時給は高い方です。



瀬名君が仕事を終えて20時頃シブヤに来れるとのことでしたので、私が先にサイゼに行って、席を確保することにしました。

ラッキーにも角席を確保!



あとは瀬名君の到着を待つばかり・・・



おっと~!

瀬名君到着!

わざわざタクシーを飛ばして来てくれました。

しかし相変わらずビチッとしてるね~



瀬名君が「さいもんさん、とりあえずワイン逝きますか」と言ってくれたので、デキャンタ白500mlですね。



ライトグレイのストライプスーツの腕元に光る、Ref.116520白顔。イイですね~



ふたりともゴクゴク飲みまして、早くもお替り~



500mlといっても、サイゼは首いっぱいまで入れてくれるので、実質520mlは入ってますね。



じゃ、ここらで「儀式」をイキますか・・・

ということで、先般のらぶろれ様とのオフ会で頂戴した、バーゼルさんのセーム皮を用意。(らぶろれ様、誠にありがとうございます!)



スタンバイOK!



キマシたね~



白顔ツープラトンアタック!



爽やか過ぎますね・・・



「やっぱ42ミリはデカいッスね~」と率直な感想を述べる瀬名君。



マジマジと双方を比較する瀬名君。

ビチッとしたスーツスタイルでそれをする様は、まさに「業者」そのもの。



ん~、実にイイ画ですね。



白顔、超絶比較!



こう観ると、やっぱエクツー白顔はデカいッスね。



デイトナ白顔、イイですね~



おっと~!

会話もワインもススム君で、早くも1,000ml空けてしまいました・・・



おっと、これからはまた新たな展開が・・・

明日の後編をお楽しみに!
  1. 2013/08/25(日) 19:52:01|
  2. TAIBAN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

履けばいいのに(VOL.7)

こんばんは。

きょうの東京は曇り空だったこともあり、「どえりゃ~アツい」という程ではなかったですね。


さて、ここ最近はロレックスの話題ばかりでしたので、流石に単調な雰囲気も出てきた感じもあり、きょうは趣向を変えてシューズの話題でイキたいと思います。

以前「履けばいいのに」というシリーズを展開していたのを皆さん覚えておられるでしょうか。


前回はこのスニーカー↓を紹介しましたね。
http://saimon07.blog.fc2.com/blog-date-20130404.html


ちなみに「履けばいいのにシリーズ」とは、買ったりリペアしたりして、普通であればソッコー履いているであろうところが、私の場合、なぜか履かずに「NKS・ATM」(寝かせ・温め)しているシューズを順次紹介しているものです。


今回はコイツです。

鮮やかな「B・BLUE」カラーのBOXですね。



adidasのスニーカーでしょうか?



「NIZZA HI LEA」というモデルですね。



数年ぶりに箱を開けます。



確実に購入後8年以上は経っているでしょう。

ちなみにABCマートの通販で購入していたようです。



おっと~!いわゆるレザースニーカーですね。



たぶん、「色」にヤラレて購入したのでしょう。



このレッドの縁取りがイイ挿し色となっておりますね。



私のハイカット好きは、これまでのTricker'sやCROCKETT & JONES関連の記事で皆さんもご存知ですよね?



オトナの雰囲気のスニーカーといったところでしょうか。



バックシャン(笑)ですね・・・



なぜ、買ったときに「履こう」と思わなかったのでしょうか(笑)



デッドストックですから、ご覧のとおり、アッパーはビッシビシの、



バッキバキの、



ビッキビキですね。



さあ、このレザースニーカー、どうしましょうか?

オフ会に持って行ったら購入して下さる方いらっしゃいますか?

もちろん、超お客様価格で(笑)

ちなみにサイズはこんな感じです。



日本表記では27cmとなっていますが、実際私のサイズは25.5cmでこのブーツにはジャストですので、25~26cmが合う方なら履けると思います。

おっと、前回のVOL.6で紹介したヤツもお売りできますよ(笑)

まだ「NKS・ATM」モデルはありますので、逐次紹介しますね。

  1. 2013/08/24(土) 17:17:13|
  2. OTHER SHOES
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

神宮外苑花火大会をかすめる

こんばんは。

今週もようやく終わりました(私は)。

東京も残暑が厳しいので、老体には堪えますね(笑)


さて、きのうのつづきになりますが、ジュクシンNSビルの「La Pausa」でガッツリと昼/夕兼食を喰らった後、伊勢丹にあるティファニーを経由して、この日行われた「神宮外苑花火大会(19時30分開始)」に向かいました。

通常、この神宮外苑花火大会は、神宮球場や秩父宮ラグビー場から観るためのチケットを購入するのが定石なのですが、今年はそのチケットが取れませんでした。

ところが、カミサンが「雰囲気だけでも」というので、普通の路地から観ようと青山方面まで行ってきました。


赤坂見附にて・・・




もうすぐ電車来ますけど~



私はけっこう酔っていますが、カミサンが付いているので、向かっている方面は間違っていないようです(笑)



さいもん定番、「普通列車内遊戯」。



花火開始6分前に外苑前に到着~




オフコース、「迷わず逝けよ、神宮球場方面」でしょう!




お好きなところでご覧ください!



おっと~!

神宮球場に向かう道路はご覧のとおり・・・



スゲー人!!(向かって正面が神宮球場です。)



この人の多さには、流石の冒険家時計もビビリ気味・・・




オフコース、K察もいらっしゃいましたよ。



ところが例の「DJポリス」以来、この日も「優しい系」の誘導をしておりました。

K察もDJポリスの一件で味をシメたんでしょうね。

抑圧的よりも同情を誘うような方が効果的であるということを・・・



それでは、超外野からコンデジで撮影した、建物の谷間から観える花火画像をどうぞ!






いかがでしたでしょうか?

雰囲気だけは伝わっていれば幸いなのですが・・・

来年以降は、ちゃんと「座って」観たいナと思った今年の神宮外苑花火大会でした。

それでは皆さん、Have a nice weekend!!

  1. 2013/08/23(金) 21:50:11|
  2. Ref.216570
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:20

ウエストジュクシンで俯瞰と食事を愉しむ

こんばんは。

いやぁ~、やりました!

夏の高校野球決勝で、我が第2の故郷である群馬県代表の前橋育英高校が、見事逆転勝利して「初出場・初優勝」の偉業を達成しました!

群馬県勢の夏の優勝は、カーブの切れがバツグンだった好投手で左腕の正田(まだ日ハムにいるんですかね?)を擁する桐生第一高校が1999年に県勢初制覇して以来、今回で2校目になります。

実はその1999年当時、私は前橋勤務でして、桐一の優勝をリアルタイムに群馬で喜んでいたのを思い出しましたよ。

いずれにしましても、天国にいるサッカー元日本代表の松田直樹氏もさぞかし喜んでいることでしょう!

オメデトウ!前橋育英!!


さて、きょうはきのうの続きですね。

ミューザ川崎シンフォニーホールを16時過ぎに出て、その後はウエストジュクシンに向かいました。

そして、この日の昼/夕兼食をジュクシンNSビル29階にあるピザ・パスタの店「La Pausa」で取ることにしました。



この店は眺望が売りなのですが、窓際席が埋まっていることが多く、今回はどうかな?と不安でしたが、ラッキーにも窓際席に案内されました!

いやぁ~、イイ眺めですね~

ちなみに手前の白い建物が「ジュクシン・ワシングトンテルホ」で、奥の三連荘が「ジュクシン・パークハイアットテルホ」です。



こちらは川崎方面を望む感じでしょうか。



食後の腹ごなし時間を考えれば、充分過ぎる時間ですね。



さあ、何をオーダーしましょうか!



まずは「フレッシュトマトのカプレーゼ」でしょう。



続いて「ほうれん草のベーコンソテー」(2人前)。



そして「ほうれん草とベーコンのサラダ」って、どんだけほうれん草を頼んどんねん!



さらに、サイゼには劣りますが、かなりリーズナブルなハウスワイン(オフコース1,000ml)をオーダー。



おっと、こちらは六ヒルや東京タワーが見えます!




エクツー黒顔もイイ塩梅ですね。




おっと~!ワインがサプライ!



早く飲もうぜ~!



置きショット!

なかなか良く撮れてませんか?



このあたりで、続々とオーダーした料理がサプライされてきます。

ほうれん草のサラダ!



カプレーゼ!



ほうれん草のソテー×2!



何か頼んでるものがサイゼのときとほとんど変わらないんですけど(笑)



おっと~!

流石にココではザーピー(マルゲリータ)をオーダー!



キマシたね~、La Pausa版「さいもんスペシャル」なのだ!

色取りの美しいこと・・・



いやぁ~、マジ美味いッスね~



これを白ワインで流し込む、マジ最高ッス!



おっと~!パークハイアットに反射する夕陽の光をインサイト!



そしたら当然、真性「キラーン!!」をカマシます!





そんなこんなで、鬼食い完食~♪



時間もまだまだイイ感じ!



1,000mlあったワインも終了~



ジュクシンNSビルの下を走る甲州街道も、お盆真っ只中ということでガラガラでしたね。



こんな感じで素晴らしい眺望と美味しい菜食を愉しみました。

コスパはサイゼに劣りますが、この眺望でこのメニュー価格帯ですので、十分にコスパの高いお店だと思います。

皆さんもジュクシンにいらした際はぜひ行ってみて下さい。

なお、我々はこの後、次なる目的地に向かいました。

つづきはまた明日・・・
  1. 2013/08/22(木) 21:22:39|
  2. FOODS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:30

クラシックコンサート鑑賞

こんばんは。

いやぁ~、きょうの夏の甲子園の準決勝。

私の「第2の故郷」である群馬県代表の前橋育英が見事勝利を収め、明日の決勝にコマを進めました。

明日の決勝に勝てば、初出場初優勝の快挙です!

宮崎県関係の方々以外は、ぜひ前橋育英の応援をよろしくお願いいたします!


さて、このブログをご覧の皆さんの大多数の方々は、「さいもん=BOOWY・氷室ック」とお思いでしょう。

全くそのとおりなのですが、実は私、BOOWYサウンドに出逢う遥かかなたの昔、つまり幼少時から「クラシック音楽」も嗜んでいるのです!

「嘘をつくなよ!」との声も聞こえてきそうですが、これは紛れもない事実なのです。

クラシックを聴くようになったキッカケは、両親がかなりのクラシック好きで、小さい頃(といってもクラシックコンサートは小学生以上からしか鑑賞できません)からよくNHKホール等に連れて行かれて、次第にその良さがわかるようになりました。

かといって、ヴァイオリンやピアノを習っていたという訳ではなく、エレクトーンを習っていた程度なんですよね。

その後、私も成長してBOOWY等に出逢うワケですが、一貫してクラシックも聴き続けていました。

流石にティーンネージャーの頃は両親とはクラシックコンサートには行っておりませんでしたが、大学~社会人と「大人」になって以降はまた両親家族で定期的にホールに行くようになりました。

クラシックの本場、オーストリアのウィーンでは毎年元旦に、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団による「ニューイヤーコンサート」というのが行われ、ヨハン・シュトラウスⅡ世等の所謂「ウィンナワルツ」が演奏されます。

それを模倣する形で、毎年明けには日本でも「ウィンナワルツ」を様々な交響楽団が演奏するようになっておりまして、最近は行かなくなりましたが、一時期は我々家族の「正月の恒例行事」ともなっていたくらいです。

また、実は今のカミサンと出逢ったのも、「クラシック」が縁だったりするんですよね。

なので、私もカミサンもクラシックが大好きで、毎年数回は必ずホールに足を運んでいます。


それで、このブログでコンサート鑑賞を記事にするのは初めてになりますが、先週の土曜日、JR川崎駅のスグそばにある「ミューザ川崎シンフォニーホール」までカミサンと行ってきました。



実はこの「ミューザ川崎」、例の東日本大震災の際、天井板が崩落するなどの大きな被害を受け、ついこの4月にようやく改修が終わったというホールなんですよね。



この日のお供もエクツー黒顔。



今回聴きに行ったのは、私もこれまで全く知らなかった日本の作曲家で「佐村河内 守」という方が作曲した「弦楽のためのレクイエム・ヒロシマ」と「交響曲第1番《HIROSHIMA》」という曲でした。

ちなみに、佐村河内 守氏をご存じない方のために、彼のプロフィール等について以下に示します。


〇佐村河内 守

被爆者を両親として広島に生まれる。

4歳から母親よりピアノの英才教育を受け、10歳でベートーヴェンやバッハを弾きこなし「もう教えることはない」と母親から告げられ、以降、作曲家を志望。

中高生時代は音楽求道に邁進し、楽式論、和声法、対位法、楽器法、管弦楽法などを独学。

17歳のとき、原因不明の偏頭痛や聴覚障害を発症。

高校卒業後は、現代音楽の作曲法を嫌って音楽大学には進まず、独学で作曲を学ぶ。

1988年、ロック歌手として誘いを受けたが、弟の不慮の事故死を理由に辞退。

聴力の低下を隠しながらの困難な生活が続く中、映画『秋桜』、ゲーム『バイオハザード』等の音楽を手掛ける。

1999年、ゲームソフト『影武者』の音楽「交響組曲ライジング・サン」で脚光を浴びるが、この作品に着手する直前に完全に聴力を失い全聾となっていた。

抑鬱神経症、不安神経症、常にボイラー室に閉じ込められているかのような轟音が頭に鳴り止まない頭鳴症、耳鳴り発作、重度の腱鞘炎などに苦しみつつ、絶対音感を頼りに作曲を続ける。

2000年、それまでに書き上げた12番までの交響曲を全て破棄し、全聾以降あえて一から新たに交響曲の作曲を開始。

同年から障害児のための施設でボランティアでピアノを教える。

この施設の女児の一人は、交響曲第1番の作曲にあたり佐村河内に霊感を与え、この作品の被献呈者となった。

2003年秋、『交響曲第1番《HIROSHIMA》』を完成。

同曲は、2011年、日本コロムビアよりCDリリースされ、センセーショナルな反響を呼んだ。

2012年1月に佐村河内守作品集、第2弾として『シャコンヌ~佐村河内守弦楽作品集』をリリース。

この中に収録されている「ヴァイオリンのためのソナチネ」でフィギュアスケートの髙橋大輔選手はソチ五輪を目指す予定。

同年11~12月にかけて、交響曲《HIROSIMA》をめぐる特集がNHK総合の「情報LIVEただイマ!」「あさイチ」で放映。

さらに2013年3月のNHKスペシャル「魂の旋律~音を失った作曲家」、4月のTBS系列「金スマ」でその壮絶な人生をめぐるドキュメントが大反響となり、Amazonの総合チャート1位、オリコンウィークリーランキング4週連続TOP10入りを獲得。

2013年5月現在で出荷枚数が17万枚を突破するなど、クラシックでは異例の注目を集めており、今後はますます目が離せない。


以上です。



例の「金スマ」からも花が届いておりましたね。



ヴィジョン越しにホール内を望む。



川崎市のゆるキャラ?



この公演のプログラムですね。



開演10分前に、オジン川相バリの逆シングルをカマシていてイイのでしょうかね?




おっと~!開演15分後に早くも休憩!



これは、「弦楽のためのレクイエム・ヒロシマ」という曲が10分程度の曲で、メインとなる「交響曲第1番《HIROSHIMA》」が90分以上の超大作の曲であることから、このタイミングで休憩を入れざるを得なかったんですね~



この日のスタイル。

いくらアツいと言えど、流石にハーフパンツでクラシックコンサートではそれこそ人格を疑われますので、フルレングスのホワイトデニム仕様にしてみました。

でも、ハーフパンツ&スニーカーで来てるイイ歳コイた輩がいたのにはビビりましたね。

最低限のドレスコードっちゅ~のを考えて欲しいですよ。

おっと失礼。

今回は、ホワイトデニムにクリースを入れて、ニート感を出してみました。



で、本題のコンサートですが、本当に素晴らしいものでしたね。

佐村河内氏の人生は、まさに波瀾万丈で、しかも全聾ですからね。

それでもこんなに素晴らしい超大作が書けるんだな~と、ただただ感心しましたよ。

しかも、ナント!佐村河内氏が会場に来ておりまして、演奏終了後にはステージ上に上がり、10分以上、スタンディングオベーションの嵐でした!


大盛況のうちにコンサートが終了し、チョイとホールの中を撮影してみました。

川崎市とザルツブルク市は仲がイイようです。




例の東日本大震災のときも、これらの方々には大変お世話になったようです。



ザルツブルグ市とはこんなところです。



コンサートの休憩時間等では、こんなシャレたラウンジでくつろげます。




ちょうど16時ですね。これから次のステージに向かいました。



続きは明日!
  1. 2013/08/21(水) 22:21:58|
  2. MUSIC
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:28

おかげさまで1周年

こんばんは。

きょうは高校野球が休養日でしたので、静かな夏の日の1日といった感じでしたでしょうか。


さて、私事で恐縮ですが、本日で当ブログを開設してちょうど1年となりました。

思えば昨年夏、それまではお二方のブログでのコメでやり取りさせていただいていた、ワンちゃん様とロレ卿の詩様に肩を押していただき、8月20日にこのブログ(当時は楽天BLOG)を立ち上げました。

http://plaza.rakuten.co.jp/himurolex/diary/201208200000/


以降、きょうまで1年間、1日だけアップできなかった日がありましたが、それ以外は毎日更新を重ねて参りました。(バックナンバーで虫食いの日がありますが、これは諸般の事情により、後日削除したためです。)

これもひとえに、この1年間、1日たりとも欠かさずにコメをいただいてきましたワンちゃん様・ロレ卿の詩様をはじめとする素晴らしいブログ仲間、また、温かいコメを下さるコメンターの方々及び毎日購読いただいている皆様からのご支援の賜物であります。


ブログを始める前、私も正直、1年間も、それも毎日更新できるとは夢にも思っておりませんでした。

では、なぜ毎日更新できたのか?

それはやはり「氷室ック」と「ワンちゃん様・ロレ卿の詩様」という絶対的な存在があったからに他なりません。

氷室ックはご存知のとおり、ストイックに自らを厳しく律し、また徹底的に拘りを持って自らの作品作りにも取り組みますから、私もそれを見習って「テキトーな記事は書けない」という信念がありますし、毎日更新に関しては、偉大なロレブロガーでいらっしゃる、ワンちゃん様・ロレ卿の詩様の毎日更新スタイルが本当にイイ目標&モチベーションとなっております。

ブログを始める前までの私は、仕事が終わったらほとんど飲みに行っておりましたが、最近は、ほとんど直帰する電車内でその日アップする記事の構成を考える等、本当に私もイイ意味で変わりました。

また、ブログを通じて素晴らしい仲間と巡り逢うことができ、そのうち数名の方とは実際にオフ会でお逢いすることもできました。

これは、まさに「ロレが取り持つ良縁」であり、本当に素敵なことだと思います。


今後とも、可能な限り毎日更新を続け、少しでも皆さんに愛されるブログづくりを目指して参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

そして来年のきょう、またこうした記事が書けるよう、なるべくストイックに頑張って参ります!


きょうの画像は何にしようかと考えましたが、私がファーストロレを2009年4月に購入し、約2年後の2011年5月時点でのコレクション画像にしてみました。

まだまだブログを始める相当前の時期ですね。

左上から時計回りに、Ref.16600・Ref.16613・Ref.16610LV・Ref.16710・Ref.16570・Ref.116334BK・Ref.116334WHですね。(家のどこかで眠っているRef.16610は写っていません(笑))



まあ、現在とは大違いなコレクションですよね。5桁中心でした。



現在残っているのは、Ref.116334白顔だけですね・・・



まあ、初ロレから約2年でこれだけ揃えていたということは、この頃から既に「ロレブロガー」になる素地があったのでしょうかね(笑)

それでは、これから「祝杯」を上げてきます!
  1. 2013/08/20(火) 19:08:01|
  2. ROLEX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:28

「エクツー・クロパガンダ」(@TULLY'S COFFEE)

こんばんは。

きょうからお盆休み明けという方も多かったのではないでしょうか?

私は先週も「旗日どおり」の出勤でしたので、きょうはそんなにキツいスタートではありませんでした。


さて、きょうは午後からジュクシンで会議があり、それが終わってから次のアポまで時間がありましたので、私が好きなCAFEである、「TULLY'S COFFEE ジュクシンNSビルアネックス店」でマターリしてきました。



おっと、このところのお供であるエクツー黒顔ですね!?



いつもの「アイス・ベジタブルミックス(TALL)」です。




このところは、圧倒的にエクワンに押され捲っていたエクツーですが、やっぱコレはコレでイイですね~



なんといってもゴンブトなハンズが力強い!(日付は合わせてません)



ご覧のとおり、超絶フィット感も申し分なし!



そして、オジン川相バリの逆シングルにも難なく対応!



こう観ると、エクツーもカッコイイですよね!






きょうはお盆休み明けということもあり、店内も空いていましたね。




この店はホント居心地がイイので、きょうも1.5時間ほど居座ってしまいました(笑)



この時間を利用して、ブログ仲間に一気にコメを入れさせていただきましたよ(笑)

こんな感じのユルい週明けでした!

それでは皆さん、エアコンを適切に使用して「Good Night!!」
  1. 2013/08/19(月) 18:22:53|
  2. Ref.216570
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

ツインターボで遊べ(HFS編)

こんばんは。

いやいや、この土日、私もかなりのテンパリストでした。

なので、いつもコメさせていただいているブログ仲間の皆さん、コメできなくてスミマセン!

また明日から余裕でコメ致しますのでよろしくお願いします!


さて、先日記事にした「ツインターボで遊べ」(@サイゼリヤ編)が、大変好評をいただきましたので、調子コイてシリーズ化することと致しました。

ということで、今回は「HFS編」(ひとりファッションショー編)をカマシてみます!


ノーマル。



斜に構える。




おっと~!

今回はエクスブラザースのツインターボ仕様!!



エドモント・ヒラリー卿&博多のテンジン・ノルゲイ。

そして、ラインホルト・メスナー氏に敬意を表して・・・



さりげないシーンでのツインターボ。



イイですよね~



双方が90度でクロスする感じで・・・




今回も「夏トリ」ですから、当然「攻め」るでしょう!!

ツインバージョン!




シングルバージョン!




もう一発「Togetherしようゼ」(by大柴ルー)!



何気にサマになる「ロレツインターボ」。



ロレ複数持ちオーナーの皆さんもぜひやってみてはいかがでしょうか?



モチロン、それぞれ単独でもサマになります!




おっと~!!!!!!!!!!!!!!!!

コレはツインターボ with 「JUW」(ジュクシン・アンダーパス・ウォーキング)のイントロダクションなのか!!!!!!



それでは皆さんお楽しみに・・・
  1. 2013/08/18(日) 22:12:25|
  2. ROLEX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:27

久しぶりのスタバ with デイトナ

こんばんは。

きょうは超絶バタバタしておりますので、早速いきたいと思います。


時間軸的には、きのう紹介したサイゼでの食事の後、水曜日に記事にした「アリスバーリー」での買い物を済ませ、カミサンと「JUW」を敢行しました。


そんな折、カミサンが「喉が渇いた~」と言うもんですから、ジュクシンサブナードにあるスタバに入りました。



スタバに入ったのは、メッチャ久しぶりですね。



おっと~!ここでも「キラーン!!」



SSにはSSの良さがありますよね!



カミサンが注文した柑橘系のドリンク。




私は「只野アイスティー」ですよ。




こうして見ると、SSデイトナでもイケますかね?



飲み終わった容器をバックに、デイトナリミナル!





いやいや、けこうSSもイケますね!!
  1. 2013/08/17(土) 23:07:12|
  2. Ref.116520
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

ツインターボで遊べ(@サイゼリヤ編)

こんばんは。

お盆休みの方、そうではない方、とりあえず今週もお疲れさまでした。

きのうの「メテオ・SSの競演」には思いの外大きな反響をいただき驚いております。

次はタカゴン様がお持ちの「至宝・エバーローズデイトナ」との競演をさせていただく予定としておりますのでお楽しみに・・・


さて、話はチョイと遡りまして、この前の土曜日、またまたカミサンとサイゼリヤで食事をしてきました。

ホント、私も好きですね~



この日の東京もアツかったですね~



おっと!

この日のお供はキングカズですか!?




ええっ???

これは右腕ですよね???



右にエクワンって・・・



その正体は・・・

キマシたね~!

スカイラインBNR32GT-Rに搭載されていた名機、「RB26DETT」と同じ「ツインターボ」!!



まだこのときは「SSデイトナ最高!」と思っておりましたが、先日タカゴン様のWGデイトナを拝見してからというものの、やっぱ250万円以上するWGモデルの方がいいナと思い始めております(汗)



もう皆さん飽き飽きだと思いますが、とりあえずオーダーしたいつもの連中を紹介させて下さい・・・


デキャンタ白500ml。



フレッシュチーズとトマトのサラダ。



とりあえずは乾杯~♪



キャベツとアンチョビのサラダ。



「替え玉」



「本体」



替え玉を本体に投入!



「さいもんスペシャル化」に乗じて、さりげなくツインターボをアピール!



さいもんスペシャル完成~♪



カミサン用のハンバーグステーキ。



これもカミサン用のほうれん草のソテー&ライス。



おっと、さいもんスペシャルには欠かせないガーリックトースト。



ガーリックトーストを四等分するさいもん。

ここでもさりげなくツインターボをアピール。



並列するとこんな感じですね。



デキャンタ白500mlをお替り~




カミサンからの「おすそ分け」(笑)



鬼食いで完食~



まだ17時前です。

これからまだまだカロリーを消費できますよね!



手持ちのロレ9本に対し腕は2本・・・



こうして「ツインターボ仕様」にしてやることが、せめてもの罪滅ぼしといったところでしょうか?



それでは皆さん、Have a nice weekend!!
  1. 2013/08/16(金) 21:58:31|
  2. ROLEX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:32

第2回「コスモ会」開催!

こんばんは。

早速ですが、きのう、ブログ仲間であるタカゴン様と対バンをカマして参りました。

ちなみに、タカゴン様のブログはこちら↓
http://efujisan.blog104.fc2.com/

なお、ふたりともデイトナを装着しておりましたので、「コスモ会」と相成りました。


きのうは定時アガリクス後、東京メトロザギン線でシブヤに向かいました。

シブヤ到着は18時前でしたね。



お盆期間中の都内は空いているというのが定石ですが、ココ、スクランブル交差点は別格ですね。



それもそのハズ、この期間を利用して、地方からたくさんの方々がシブヤにいらっしゃるワケですから。



しかしスゴい人ッスよね!



スクランブルを渡って公園通り方面へ・・・



今回のRendezvous場所である、シブヤ西武に入ります。



まず向かったのが食品売り場ですね。



さいもん対バン恒例である「お近づきの印」をまだ購入していませんでしたので。



今回は「GODIVA」にしてみました。




「黄昏のスクランブル 超えた騒いだセンター街~♪(by B'z with 『BOYS IN TOWN』」←皆さんご存知ですかね~ B'zの3rdアルバム「BREAK THROUGH」に収録されている名曲で、まさに私の高校時代を再現している曲です!



タカゴン様とは18時30分にRendezvousのお約束でした。



毎回そうですが、高鳴る鼓動。



そして定刻にタカゴン様と無事にRendezvous。

いやぁ~、それはスタイリッシュなジェントルマンという第一印象でしたよ!


そんなこんなで、センター街のど真ん中にある、とあるビルに入ります。



今回のお店は、「茶茶このか 渋谷」というところです。

ちなみに皆さん覚えていらっしゃいますでしょうか?

先日、我々夫婦が「出逢った記念」で食事をしたオモサンのアノ店の姉妹店です。



いよいよ宴が始まります。



「ご存知だと思いますが、私は食べないので、タカゴン様適当に選んでください」ということで、真剣にFOODSをセレクトされるタカゴン様。



とりあえずはナマで乾杯でしょう!



タカゴン様がスタイリッシュなのには、それ相応の理由があります。

食が細くていらっしゃいます。



なので、今回も注文したFOODSは、サラダと真鯛のお造りだけ・・・



おっと~!奇跡的にさいもんもサラダをお手伝い!



2杯目からは、タカゴン様にもワインにお付き合いいただきました。

しかしオサレな雰囲気ですね~



酔いも程よく回ってきたところで、「本題」にいきましょうか!

流石はタカゴン様!ご準備がよろしいようで。



私も準備万端!



キターーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!

メテオライト!!!!!!



思わず「片平なぎさ」(byスチュワーデス物語)でワインをゴクッと飲んでしまいましたよ。



WG & SSデイトナの競演を激写されるタカゴン様。



ヤバ過ぎるWGのシャイニング・・・



メテオの前では、ただただ引き立て役にしか過ぎないRef.116520黒顔・・・



生まれて初めてWGの「ズシリ感」を実感しました。

冗談抜きに、ディープと同格の重量感でした。(たぶん200g以上ありますね)



実に贅沢なツインショット!



デイトナを前に、アツく持論を展開されるタカゴン様。



おっと~!何かと今話題の「POLICEブレスレット」を実装されるタカゴン様。

よろしければ逝ってくださいませ!



ここでひとつ真面目な話。

タカゴン様は、富士山ショットを撮らせたら、日本屈指のカメラマンでいらっしゃるのです!!!!



メッチャ凄くないですか?



そうこうしているうちに、そろそろお開きということで、お決まりの「コスモ会ショット」!



こんな感じで、超盛り上がって「コスモ会」が終了しました!

タカゴン様は本当に素敵なジェントルマンで、私も全然初対面な感じがしませんでした。

おかげで会話もポンポン弾みましたし。


これからも、タカゴン様にはご指導賜りながら、楽しくやらせていただきたいと思います!
  1. 2013/08/15(木) 19:46:45|
  2. TAIBAN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:30

デイトナとともに過ごす休日

こんばんは!

きょうはこれから、ブログ仲間である「タカゴン様」と対バンですので、手短に失礼いたします。


さて、この前の土曜日、カミサンが好きなブランドである「アリスバーリー」に行きたいというので、とりあえずはジュクシンの京王百貨店に行ってみました。


この日のお供は「キングカズ」ですね。



カミサンが品定めをしている間、私はヒマでしたので、チョイと遊んでみました。

グンゼですね(笑)



「鏡の中のマリオネット♪」(by BOOWY)



自らにピントを合わせました。



「キング」は理屈抜きにカッコいいですね~





この日は、Tricker's M2508 モールトンのエーコンアンティークですね。




次に、小田急百貨店に来ました・・・



なぜか、グランドセイコーのカタログが・・・



こちらは、小田急のアリスバーリーですね。




若干「キラーン!!」でしょうか。




結局、小田急で買ったようです。



その後、カルティエショップを見て帰りました。



では、これから対バンを楽しんできます!!
  1. 2013/08/14(水) 05:26:58|
  2. Ref.116520
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:26

私にとっての「神の左」とは・・・

こんばんは。

いやいや、改めまして、きのうのWBCバンタム級タイトルマッチでの、「神の左」こと山中慎介のパフォーマンスは素晴らしかったですね~

私もきょうはその話題で職場でも鼻が高かったですよ。


さて、きのう我が専修大学の後輩である山中慎介が世界チャンピオンを防衛したということで、きょうのロレは「久々に専大繋がりで当然グリサブでしょう!」と思い、貸金庫で入れ替えました。


っと、リストショットの前に、けさは当然買ってしまいましたよ。



おっと~!いきなり山中をバックに逆シングル!(屋外Ver)



ベゼルのグリーンが屋内より明るく見えますよね。



おっと~!こちらはグリサブリミナル!(屋内Ver)







当然きょうはグリサブに合わせ「カメレオンブーツ」でしょう!




しかし、グリーンダイアルが美しい!(メンドくさいので日付は合わせてません)




きのうの山中慎介の勝利により、きょうは私も約1か月ぶりにグリサブを着用しましたが、その素晴らしさをしみじみと実感し、やはり私の「神の左」はグリサブなんだな、とつくづく思いました。

誇るべき後輩、どうもありがとう!



これから、山中の防衛祝い飲みに行ってきまぁ~す!!
  1. 2013/08/13(火) 19:38:15|
  2. ROLEX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

神の左・見事に防衛す!

こんばんは。

きょうは前置きなしにイキます。

つい先ほど、WBC世界バンタム級タイトルマッチが東京・大田区総合体育館で行われまして、我が専修大学のまさに「至宝のOB」である、同級世界チャンピオン「神の左」こと山中慎介が、同級8位のホセ・ニエベス(プエルトリコ)との防衛戦を行い、1回2分40秒でKO勝ちを収めて、見事4度目の防衛に成功しました。


したがいまして、きょうは緊急特番の「神の左・見事に防衛す!」をお送りします。


しかし、まさか1回で「神の左」がスパークするとは思いもしませんでした。

本当に山中は強いです!



見えますか?後ろに専修大学の幟がけっこうあります!



それでは、山中慎介をご存じない方のために、彼のプロフィールを紹介しましょう


【Wikipediaより引用】

山中 慎介(やまなか しんすけ、1982年10月11日 - )

日本のプロボクサー。滋賀県湖南市(旧甲賀郡甲西町)出身。

現WBC世界バンタム級王者。

南京都高校、専修大学商学部(平成17年)卒。帝拳ボクシングジム所属。


【アマチュア】
小中学校時代は野球をしていたが、辰吉丈一郎に憧れ、南京都高校入学後にボクシングを始める。

高校時代には同学年だった李冽理(後のWBA世界スーパーバンタム級王者)と公式戦での対戦経験の他、2000年とやま国体では、決勝で当時習志野高1年生の粟生隆寛(後のWBC世界スーパーフェザー級王者、同フェザー級王者)を降しての少年フェザー級での優勝経験がある。

他にインターハイ2位の経歴も持っている。

当初はオーソドックスであったが、顧問の指導によりサウスポーになった。

専修大学進学後はボクシング部の主将を務めた。

自身は大学卒業と同時にグローブを吊るして競技を辞めるつもりでいたが、大学4年生時の国体で不本意な成績に終わったことからプロ入りを決意。粟生が所属する帝拳ボクシングジムへ入門する。


【プロ】
○ 2006年1月7日、東京都文京区の後楽園ホールでの高橋仁(角海老宝石)戦でプロデビュー。デビュー戦は6回判定勝ち。以後、引き分けを挟んで13戦11勝と好成績を挙げる。

○ 2010年6月20日、大阪府大阪市住吉区の住吉区民センターにて、初防衛戦となる日本バンタム級王者安田幹男(六島)に挑戦、7回TKOで安田を下して王座を獲得。

○ 2011年3月5日、ノンタイトル戦を1戦挟み、岩佐亮佑(セレス)を相手に初防衛戦に臨み、10回TKOで降して日本王座初防衛に成功した。

○ 2011年11月6日、17戦目で世界初挑戦。
 東京都渋谷区の国立代々木競技場第二体育館でクリスチャン・エスキベル(メキシコ)とWBC世界バンタム級王座決定戦を争う。
 
 この試合は当初、既に、指名挑戦者決定戦が行われエスキベルが指名挑戦者であったが、再度、同級次期挑戦者決定戦として開催される予定だったが、WBCの規定では、指名試合ではなく、選択試合で新王者となった者は前王者の指名期限を継承すると定められており、同級王者のノニト・ドネア(フィリピン)が王座獲得後、9ヶ月経過しても指名試合を行っていないという理由で、山中の試合が行われる前に、王者を剥奪され、試合2日前になって急遽、王座決定戦に変更となった。

 そして試合は中盤に両者ダウンを奪い合う一進一退の攻防から主導権を奪うと第11ラウンドに猛攻を仕掛け、1分28秒TKO勝ち。無敗のまま世界王座獲得に成功した。

 この試合では、ジムの先輩でリング禍により死去した辻昌建の名前を刺繍したトランクスで挑んだ。
また日本国内のボクシングジム所属の男子現役世界王者は日本ボクシング史上最多の8人になった。
 
○ 決定戦で新王者となった山中は、WBCの規定では、初防衛戦で、指名試合を義務つけられるが、 2012年4月6日、東京国際フォーラムにおいて同級4位で元世界2階級制覇王者ビック・ダルチニャン(オーストラリア)を相手に選択試合での初防衛戦。 

 5回に左のクロスカウンターで右目上をカットさせ、10回に右でぐらつかせるなど、インファイトで挑んでくるダルチニャンをアウトボクシングで翻弄。「9」まで伸びていた連続KOこそ止まったものの、12回3-0(117-111、116-112が2者)の判定勝ちで初防衛に成功した。

○ 2012年11月3日、宮城県仙台市のゼビオアリーナ仙台にて同級7位で元WBC世界スーパーフライ級王者トマス・ロハス(メキシコ)との2度目の防衛戦。

強烈な左ストレートが決まり、7回36秒KO勝ちで2度目の防衛に成功した。

○ 2013年4月8日、東京・両国国技館にて同級1位で元WBC世界フライ級王者マルコム・ツニャカオ(フィリピン)と3度目の防衛戦。

  3度のダウンを奪い12回1分57秒TKO勝ちで3度目の防衛に成功した。


まあざっとこんな感じです。


これはたぶん、初めて山中が世界を獲ったときに専大の学長を表敬訪問したときの画像ですね。




私も人並みにはボクシングも観ますが、彼が大学の後輩と知ったのは、意外と遅く、昨年の秋くらいだったんですよね。

「左の凄いボクサーがいる」ということで調べてみたらアラアラ・・ウチの後輩ではありませんか!?

いやぁ~、最近の(サッカー部を除く)専修大学体育会の低迷っぷりは嘆かわしいものがありますから、OBといえど、「世界を獲っている」のは本当に凄いことですよね。

現在30歳、まさに脂の乗り切った山中慎介。

ぜひ皆さんも専大OBの至宝、「神の左」を応援してください!

きょうの勝利インタビューで彼も公言していましたが、次はバンタム級の統一王座決定戦で、亀田兄弟と格の違いを見せ付けてくれるでしょう!

バンタム級で最強は、間違いなく山中慎介ですから!!
  1. 2013/08/12(月) 20:25:33|
  2. SPORTS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:37

「HTS」(デイサブ編)

こんばんは。

きょうの都区部も「バリマックス」アツかったのですが、15時過ぎに激しい雷雨に見舞われ、その後は少し気温が下がりました。

おかげで、久しぶりにアンダーパスではない「屋外」をウォーキングできました。


さて、このところはエクワンの溺愛っぷり大爆発の私でしたが、先週の水曜日、久しぶりに「中庸の祖」であるデイサブことRef.116610LNを登板させてみました。

もうお馴染みの「HTS」(日比谷トワイライトショット)をカマシてみましたのでお付き合いください。


内幸町側から入園~





いつものデカ時計を前に、軽く「デイサブリミナル」逝ってみましょうか。







スーパークールのテッパン、ホワイトデニム&Tricker's。



デイサブでも超絶マッチ!





日比谷公会堂をバックに、「デイサブリミナル」。





グリサブでなくとも、グリーンの芝にも映えますね~




おっと~!またもやビルに映るサンセットを確認!!



と来れば、オフコース「キラーン!!」でしょう!





しかし、本当にキレイな芝ですよね。




では、そろそろFINISHに向けて、定番の噴水をバックに「デイサブリミナル」イキましょうか。






おまけの、インペリアル・テルホをバックに・・・



日比谷通りをバックに・・・



ご覧のとおり、デイサブはエクワンに負けず劣らず、素晴らしいポテンシャルを保持しております。

それでは皆さん、また明日から頑張りましょう!
  1. 2013/08/11(日) 20:09:00|
  2. Ref.116610LN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:27

兄弟対決!

こんばんは。

きょうは全国的にヤバい暑さでしたね~

高知県四万十市や山梨県甲府市ではオーバー40℃だったみたいですしね~

日本はもはや「温暖湿潤気候」ではなく、完全に「亜熱帯気候」になりつつありますね。


さて、先日「スポロレ御三家の競演」というタイトルで、Ref.116520・Ref.116610LN・Ref.214270を並列させた記事を展開いたしました。

それで今回は、「エクスプローラー・コンプリーター」としての責務である、「エクワン・エクツーの兄弟対決」をさせてみました。

なお、例の「KNS」(金庫内ショット)であることから、画質の低さ等についてはご容赦願います。


まずは「川の字」ショット!



先般の御三家ショットのときもそうでしたが、今回のエクツー42ミリ相手でも全く引けを取っていない39ミリのエクワン!



膨張色の白顔相手にも「喧嘩上等」ですね。



黒顔対決ではこのとおり。全くの「互角」。



皆さんもこういった画像を見ると・・・



エクワンの素晴らしさを再発見されるのではないでしょうか?



きょうも熱帯夜の地域がほとんだと思います。

エアコンを適切に使用し、安眠を取っていただきたいですね。

ではでは・・・
  1. 2013/08/10(土) 22:25:21|
  2. Ref.214270
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

対バン「コスモ会」開催!

こんばんは。

きょうの東京もアツかったですね~

でも、明日から「お盆休み」に入られる方も多いことでしょう。

私は両親ともに親子三代続く「真性江戸っ子」なので、帰省の必要もなく、お盆期間中も旗日どおりの出勤です。


さて、きのうの記事でも述べましたとおり、きのうは私のブログにいつもイカシたコメをくれる、若手のエース格「瀬名君」と対バンをカマしてきました。


それで、きのうは瀬名君は休日だったようですが、私が終業後の駆け付けということでしたので、Rendezvousはジュクシンにある小田急ハルクの中の「ビックカメラ」に20時としました。



おっと~!さいもんまさかの不覚である「遅刻」!

言い訳になりますが、仕事がちょっと長引きました・・・



しかし、無事に瀬名君とRendezvousできました。

第一印象は、「塚本高史にクリソツなセレクトショップの店員さん」でしたね。


そんなこんなで、対バンの聖地であるサイゼリヤに行くと・・・

なんと5組待ち!!

ってことで、待つのも馬鹿馬鹿しいっちゅ~ことで、近くの三間堂に入店~



では、対バン開始~!!



おっと~!いきなり瀬名君が「警察捜査用白手」をやおら取り出し・・・



何かと今話題の「POLICEブレスレット」をガン見してます!

瀬名君、買ったほうがいいぞ!



では、ナマで乾杯~

スンマセン、どうしても画像が回転しませんでした。



ここで、ささやかなプレゼントをお渡しします。

今回はフィナンシェですね。



そしてコレが重要。

なんでしょうね~



おっと~!

瀬名君からはこんなたいそうなモノをいただきました・・・(内訳は最後のほうで)



瀬名君は2杯目から「ホッピー」ですね。



ちゃっかり「キラーン!!」




お~、イイ飲みっぷりだね~



ヤニを吸う姿もサマになる瀬名君。



宴もたけなわですが・・・



ナント!瀬名君は飲むときは食べないんですって!



なので、このとおり、ふたりともお通しにすら箸をつけず。



では、そろそろ「コスモ会」の本題にイキましょうか!



向かって左が私の黒顔、右が瀬名君の白顔です。



私も以前は白顔も所有しておりましたから、まさに「昔の彼女に再会した」感じですね。



白顔メッチャイイッスね~




一方、瀬名君も私の黒顔をガン観して「やっぱ黒顔もイイッスね~」を連発しておりました。



デイトナを前に、アツく持論を展開する瀬名君。



いいよ~

ガンガン喋ってくれよ!



シルバー系のインダイアルもイイ塩梅にシャイニングしてます。



相変わらず、最後まで割らない割り箸。



ドリンクラストオーダーで無理矢理頼んだ瀬名君のホッピーをチョイとお助け。




この店の閉店が23時ということで、そろそろお開きですね。



当然、シメはコレでしょう!



瀬名君からもらったプレゼントはこんな感じですね。



ホントにありがとな~、ということで、当然飲み代は私が奢りましたよ。



瀬名君はまだ30歳なのに、人間がデキてます。

おまけに私が大好きな体育会系ですし・・・

ホントに非の打ち所がありません。

これからも、瀬名君とは「定例会」で魂のぶつけ合いをしようと契を交わして別れました。

またまた「ロレが取り持つ縁」を感じた瞬間でしたね。

瀬名君、これからもヨロシクな!!
  1. 2013/08/09(金) 19:44:42|
  2. TAIBAN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:39

ディスプレイの友

こんばんは。

きょうはこれから、毎日私のブログにイカシたコメをいただいている「瀬名様」との「対バン」ですので、簡単に失礼いたします。


皆さんがお持ちのパソコンの「デスクトップの背景」・「スクリーンセーバー」はどんな感じでしょうか?


ちなみに私の場合、デスクトップの背景はコレ、「グリサブ」です。

グリサブは「持ってる」ですね。



スクリーンセーバーはコレ、「グリムティ」です。

グリムティは「持ってない」=「欲しい」ですね。




おっと~!記事の内容には全く関係ありませんが、久々に登場のデイサブ!!




一応、健在っぷりをアピールしとかないと!



オーケー、そいじゃぁ、こんやは思いっきり楽しんでくるぜ!!(by氷室ック)
  1. 2013/08/08(木) 05:26:47|
  2. ROLEX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:22

「エクワン・プロパガンダ」(UMS編)

こんばんは。

きょうの東京もアツかったです。

もうこの話題には触れたくありませんので、早速本題に・・・


けさの東京はスカッと晴れましたので、「そういえば、エクワンの晴天下ショットがなかったよな…」と思い、きょうはいつもの日比谷公園ではなく、内幸町界隈を歩きながらエクワンショットをカマシてみました。


したがいまして、「HMS」(日比谷モーニングショット)ならぬ、「UMS」(内幸町モーニングショット)をお送りします!


のっけから、完璧な面構え・・・



やっぱ朝陽にも映えますね~、エクワンは。



オフコース、きょうもホワイトデニム&Tricker'sでしょう!



直射日光が当たっても、元BOOWYのベーシスト「松井恒松」バリにシブい、マットブラックダイアル。



おっと~!日光逝きますか!!



「キラーン!」過ぎますね・・・



これは非常にヨクデキな真性「キラーン!」




これはこれは、かつてのWGPの常連「ルカ・カダローラ」のヘルメットバリの「イタリアーノ」!!



ヘアライン仕上げのブレスもこのとおり、真性「キラーン!」



抜けるような青空&無機質なオフィスビル&エクワンの最強三重殺!



昨日記事の続きではありませんが、中田有紀同様、ご覧のとおり、エクワンには非の打ち所がありません。




それでは瀬名様、明日は待ちに待った「対バン」、よろしくお願いいたします!
  1. 2013/08/07(水) 20:23:22|
  2. Ref.214270
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:28

やはり「シンプルに美しい」のがイイですね

こんばんは。

言いたくもありませんが、きょうも東京は蒸し暑く、ヒジョーに過ごし難い1日でした。


さて、いつもは画像の「量」で記事内容を誤魔化している当ブログですが、きょうは「質」で勝負させていただきます。

先の7月25日のエクワンデビュー以来、1週間連続で装用し、溺愛っぷり大爆発だったところですが、その後はいったんお休みして、デイトナ・DJⅡを着用し、週明けきのうからまたエクワンを再開しました。

いやいや、改めて「エクワンは最高です!」と申し上げたいですね!


エクワンと中田有紀に共通するモノ・・・



それは、「無駄のないシンプルな美しさ」ですよ。



日付表示・回転ベゼル・GMT機能・クロノグラフ機能・・・

超絶平凡ボンビー三流リーマンの私にそれらの機能が必要でしょうか?



時刻表示に特化したその潔さは、40歳にして未だ独身を貫く中田有紀の潔さに通じるではありませんか!



往年の千代の富士の上手投げバリの強引なまとめですが、私はそう思います。

冗談抜きで、エクワンはもう、私の身体の一部となっております。
  1. 2013/08/06(火) 21:28:49|
  2. Ref.214270
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:40

夏と言えばコレでしょう!

こんばんは。

週明けの東京もアツくなりました。

皆さんもこんな日は、サッサと帰宅して、一杯やって、ロレブロガーの皆さんの記事をチェックして、サクッと寝ちゃいましょう!


さて、きのうはカミサンと、とある用事のためにジュクシンに行きました。


おっと、これはウエストジュクシンの高層ビル群でも異彩を放つ「コクーンタワー」ですね。



中には「東京どーも学園」等が入ります。



そして、とある用事とはココですね。

世界一美味いザーピーが食える「サルヴァトーレ・クオモ」です。



で、ココで何を食べるかといえば・・・「かき氷」???



そうなんです。

今やサルヴァでかき氷が食べられる時代になったのです。

我々が行ったのは「ジュクシンサブナード店」(きのうのらぶろれ様の記事でも紹介されておりましたね)だったので、他の店舗でも展開しているかは存じませんが・・・



いつもながら、雰囲気のある店内。




レストランスペースとはまた違う場所でいただきます。



なかなかシャレてます。



おっと~!WGベゼルの得意技「キラーン!」。




Ref.116334は本当にイイ時計です。



私がオーダーしたのは「宇治抹茶(金時プラス)」で、カミサンは「ラズベリー」でした。



おっと~!

氷室ックも真っ青のボリュームかき氷!



カミサンのも当然ボリューミー!



ツインショット!



では、いただきまーす!



おっと~!氷室ックの中にアイスクリームが入ってます!



おっと~!氷室ックのテッパン、練乳がけ~



これまた美味そう~



さらに食べ進むと金時発見!



カミサンのラズベリーも美味かったですよ!



おっと、これは珍しい「キラーン!ツインターボ!」。



鬼食い完食~♪



やはり、夏=かき氷(氷室ック)ですよね。

かき氷を食べて、アツい夏を乗り切りましょう!
  1. 2013/08/05(月) 20:49:34|
  2. FOODS
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:31

「トリコ会」開催!

こんばんは。

きのうは失態を演じてしまい、申し訳ありませんでした。


改めまして、きのう、私の「魂の友人」であり、「私のファンである」と言って下さるらぶろれ様と対バン「トリコ会」を開催して参りました。


いつもながら、対バン前の様子ですね。

さいもんといえば「警察捜査用白手(新品)」でしょう。



ロレを置くクッションも用意。



JackRoad製、ロレ拭きクロスも用意。



所謂「さいもん流オフ会三種の神器」。



ささやかなプレゼントも用意。



ちなみに今回はらぶろれ様の奥様にも喜んでいただければと思い、「ジョトオ」のお菓子にしました。



この日の足元はTricker'sの通称「カメレオンブーツ」で固めました。



そして、この日のロレはRef.116334にしました。



らぶろれ様とは、都内某所で14時にRendezvousのお約束でした。高鳴る鼓動。



そして、14時キッカリにらぶろれ様とご対面!

いやいや、想像どおりの「ナイスガイ!」でしたね。

そしてすぐさま、ロレオフ会の「聖地」であるサイゼリヤに入店しました。



早速ご自分のペプシを激写されるらぶろれ様。



乾杯は、一番搾りのナマにしました。



らぶろれ様から頂戴したお土産の数々。改めまして、ありがとうござました!




そうこうしているうちに、オーダーした料理が続々とサプライ!


カプレーゼ。


ピクルス



さいもんスペシャル用「本体」。



さいもんスペシャル用「替え玉」。



アンチョビ入りキャベツのサラダ。



さいもんスペシャルと一緒に食す、ガーリックトースト。



サイゼの照明はとても明るいので、「キラーン!!」もやりやすいですね。



さいもんスペシャルを堪能されるらぶろれ様。



お次はワイン。デキャンタの白500ml(370円)ですね。まあ驚愕の安さ!



「キラーン!!」その2。



デキャンタお替わり~♪



では、そろそろ本題の「ロレ」にイキましょうか。



もともと、らぶろれ様とは、私のブログでコメのやり取りをやり始めた頃から、「ぜひ、オフ会でらぶろれ様のペプシを拝見させていただきたい」とお話ししておりました。



したがいまして、今回はらぶろれ様はペプシを装着されてきたのです。



では、なぜ私はDJⅡだったのか。

それは、ペプシの「赤青」と白顔の「白」でトリコロールカラーになると考えたからです。



なので、今回は「トリコ会」対バンという訳です。



色合いも良くマッチしていますよね。



らぶろれ様も、ドレス系は1本欲しいと仰っておられました。



2時間があっという間に過ぎていきました。



デキャンタお替わりをバックにペプシを激写されるらぶろれ様。



本当にらぶろれ様によくお似合いのペプシ。



こんな感じでサイゼでのアツいconversationは盛大に行われました。

この後「JUW」を兼ねて正規店巡りを行いましたが、そのときの様子は、すべてらぶろれ様に「取材」をお任せしました。

やはり、「らぶろれ様目線」でのレポの方が新鮮味がありますので。

ということで、これ以降はらぶろれ様ブログをご参照ください。

最後になりますが、らぶろれ様、今回はわざわざ東京までご足労いただき、本当にどうもありがとうございました!

「魂の友人」であることがシッカリと確認でき、大変嬉しく、意味のある対バンになりました。

今度は、私が大阪にお邪魔させていただきますので、その節はどうぞよろしくお願いいたします!
  1. 2013/08/04(日) 18:59:38|
  2. TAIBAN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:33

「魂の友人」との対バン

こんばんは。

早速ですが、きょうは「魂の友人」であるらぶろれ様とオフ会を開催してまいりました。


ところが、申し訳ありません。

チョイと飲み過ぎまして、自分で納得のいく記事が書けません。

ということで、明日、シャキッとアップさせていただきます!

  1. 2013/08/03(土) 21:57:14|
  2. TAIBAN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:25

スポロレ御三家の競演

こんばんは。

きょうは「華金」ですね!?

一週間お疲れさまでした。

一方、明日あさってとお仕事の皆さん、頑張ってくださいませ!


さて、明日は私、most important matterがある関係上、早く寝ないとイケマセンので、きょうはかなりのヤッツケ記事で失礼いたします(笑)


皆さん「スポロレ御三家」と聞くと、どのモデルが思い浮かぶでしょうか?

一般的には、サブマリーナーデイト(Ref.116610LN)・エクスプローラー(Ref.214270)・デイトナ(Ref.116520)なのではないでしょうか?

ロレ雑誌等々の人気ランキングでも常にこの3モデルがひっかえとっかえ1位となり、実際の売り上げでもトップを争っているようですからね。


そこできのう、エクワンとデイトナを入れ替える際、「エクワンもデビューさせたことだし、『御三家ショット』でも逝っとくかな」と思い、ちょこっとカマシてみました。

なお「KNS」(金庫内ショット)のため、画像の質が低いことについてはご容赦願います。


やっぱエクワンは39ミリ化されたことにより、こうして「川の字」にしても全然見劣りしなくなりましたね。



実に堂々たるエクワン。



今回のエクワン購入の理由のひとつが、「御三家コンプリに必要だから」でしたね。



おっと~!「キング」と「コスパのキング」のタイマン!



こちらはビジネスモデルで1、2を争うモデルどうしのタイマン!



いずれも甲乙付けがたい御三家モデルですが、この3本さえあればどんなシチュエーションでも問題なくアジャストできるでしょうね。

それでは皆さん、Have a nice weekend!!


らぶろれ様、明日はひとつ、お手柔らかにお願いいたします!
  1. 2013/08/02(金) 21:35:54|
  2. ROLEX
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:33

「デイトナ・プロパガンダ」(HTS編)

こんばんは。

きょうの東京も超絶蒸し暑かったですね~

ということで、定時アガリクスで退散して参りました。


その前に、ネタ稼ぎに日比谷公園に行こうかな~ということで・・・

アレっ?デイトナ??



何はともあれ、内幸町側から日比谷公園に入園~♪



きのうまで、あれだけ「エクワン最高!」とか言ってたのに節操ないッスね~



日比谷公園の盆踊りにもぜひお出掛けください!



先日、日比谷モーニングショット「HMS」を紹介しましたが、きょうは日比谷トワイライトショット「HTS」with Ref.116520で逝かせていただきます!





インペリアル・テルホをバックに・・・




オフィスビルに反射する太陽・・・



それを活用した「キラーン!!」。



名物の噴水をバックに「デイトナリミナル」。





これがきょう撮った中で渾身の2枚!



メッチャカッコ良く撮れてません?



再度、インペリアル・テルホをバックに・・・






エクワンが「普段使いの雄」だとすれば、やはりデイトナは「ハレの日の雄」でしょうか。






スポロレ最廉価のエクワンと、ヨッツーを除くスポロレSS最高値のデイトナ。

「それぞれの」良さがあることを再認識したきょうでした。

「やがて来る~ それぞれの~ 交差点を~ 迷いの中 立ち止まるけど それでも 人はまた歩き出す」(by GLAY with BELOVED)
  1. 2013/08/01(木) 20:03:01|
  2. Ref.116520
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:30

プロフィール

さいもん

Author:さいもん
ROLEXと氷室ックが大好きなボンビー三流リーマンです。
とりとめのない日々の雑感ですが、よろしければお付き合いください。

最新コメント

カテゴリ

Ref.116334 (18)
Ref.116710LN (8)
Ref.116520 (22)
Ref.116610LV (9)
Ref.116610LN (12)
Ref.116509 (15)
Ref.114060 (6)
Ref.116660 (7)
Ref.216570 (23)
Ref.214270 (12)
Ref.16610LV (1)
Ref.16710 (1)
ROLEX (43)
TAIBAN (62)
HIMROCK (21)
MY STYLE (10)
FOODS (120)
BRITISH SHOES (16)
OTHER SHOES (7)
SPORTS (61)
MUSIC (12)
HOLIDAY (23)
TRAVEL (80)
PHOTOGRAPH (9)
CAR (3)
BIKE (2)
TOY (2)
LIKE (2)
OTHERS (13)
未分類 (1)

最新記事

これまでの来訪者数

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR