人生は「CARPE DIEM」 with ロレックス

大好きなロレックスと歩む日々を綴ったブログです。

私の誕生日祝い(劇団四季&竹芝桟橋編)

おはようございます!

いやー、きのうの三連休明けはダルかったですねー(笑)

次の三連休が待ち遠しいですよ(笑)


さて、拙ブログをずっと前からご覧いただいていらしゃる方はご存知かと思いますが、我々夫婦の間では、「毎年、必ずお互いの誕生日をプロデュースし合う」という不文律が存在します。

具体的には、双方の誕生日近辺の週末に、エンターテインメント&ディナーをプレゼントし合うっちゅー感じですね。

でもって、今回は私が「プレゼントをされる番」でしたので、先週末にカマして参りました。


おっとー!

四季劇場(秋)はちょうど1年ぶりですね~
20141104014_R.jpg


マンマ・ミーア!は余りにも有名すぎるミュージカルですよね~
20141104012t_R.jpg


私も、マンマ・ミーア!を観るのは今回が初めてでしたが、ABBAの曲はかつて良く聴いていたこともあり、観る前から非常に楽しみでした。
20141104013_R.jpg
20141104003_R.jpg

ちなみに、ABBAをご存じない方のために、Wikiから引用してみました。


ABBA(アバ)は、世界的に知られる、スウェーデンのミュージシャン男女4人グループである。1970年代半ばから1980年代初頭にかけて活躍した。マドンナやレディー・ガガなど多くのアーティストがABBAの影響を受けたと語っている。 1970年代には、ヨーロッパやアメリカ、オーストラリア、日本での人気は絶大で、シングルとアルバムの総売り上げは3億7,000万枚を超え、世界で最も売れたアーティストに名を連ねている。

2010年に、ロックの殿堂入りを果たした。

グループ名の由来は、メンバー4人の頭文字を取ったもの。元々は、「Björn & Benny, Agnetha and Anni-Frid」という長い名前だったが、ある日マネージャーのスティーグ・アンダーソンが、何かの書類に彼らの名前を記入する際に、適当にイニシャルを並べて「ABBA」と書いたことから、それがグループ名になった。ビョルンとベニーが曲を作り、アグネッタとフリーダが歌う(一部、ビョルンやベニーが歌っているものもある)。

1972年に、ビョルン&ベニー名義で「木枯らしの少女」が日本でヒットした。その後、ユーロビジョン・ソング・コンテスト1974での優勝をきっかけに、「恋のウォータールー(Waterloo)」が大ヒットし、ヨーロッパ中で知名度が高くなった。さらにABBAは、「SOS」がイギリスを含む全ヨーロッパで大ヒットした。また、オーストラリアは、早くからABBAの人気に火が付いた地域で、後述の「ダンシング・クイーン」がヒットするまで「世界で一番熱心なABBAマニアはオーストラリア」と言われていた。

1976年に、「ダンシング・クイーン」が全世界的にヒットし、その後「ザッツ・ミー」や「テイク・ア・チャンス」「きらめきの序曲」「チキチータ」「ザ・ウィナー」など、活動を停止するまで世界的なヒット曲を連発した。


こんな日のロレは、オフコース!昨年の同時期にカミサンから贈られたグリムティを置いてほかないでしょう!
20141104004_R.jpg


そして、暦の上ではもうすぐ立冬ですが、喧嘩上等のホワイトデニム!(笑)
20141104005_R.jpg


ちなみにこの日のキャストですね。
20141104010_R.jpg


主役のドナを演じていた樋口さん。

メッチャ歌上手かった!
20141104011_R.jpg


隣では、昨年、カミサンに連れてきてもらったライオン・キングをやっていました。
20141104006_R.jpg


ウィキッドももうすぐおしマイケル(古)ですね。
20141104007_R.jpg


おっとー!

休憩時間に野菜ジュースっすか!?
20141104008_R.jpg


ヨーグルト!?
20141104009_R.jpg


ってな感じで、マンマ・ミーア!を堪能いたしました。

オフコース、この日は帰宅するや否や、ABBAの「ダンシング・クイーン」をヘヴィロテしたことは言うまでもありません(笑)

また来るぜ!
20141104015_R.jpg


でもって、ネクステージのディナーまでのインターバル、これまたオヤクソクの、四季劇場(秋)のすぐそばにある竹芝桟橋を散策してみました。
20141104016_R.jpg


ま、住所のとおりって感じですね(笑)
20141104018_R.jpg


この日は天気が良くなかったですからね…

ご覧のとおりの「TOKYO NOBODY」です(笑)
20141104020_R.jpg
20141104019_R.jpg
20141104022_R.jpg
20141104025_R.jpg


これまた随分と変わった形をした水上バスですね~
20141104021_R.jpg


こちらはフツーの形。
20141104024_R.jpg


土曜の午後ってことで、のんびりした気分になれますね…
20141104023_R.jpg


おっと、竹芝といえば、ディナークルーズの「ヴァンテアン」ですね!
20141104026_R.jpg
20141104027_R.jpg


おっとー!

出ました!

レインボーブリッジを真正面に見る、「さいもん御用達のチャンネー口説き用シート」(笑)
20141104028_R.jpg


ホント、このシートにはかつて何度もお世話になりました(笑)
20141104029_R.jpg


レインボーブリッジ渋滞中(笑)
20141104030_R.jpg


こちらもディナクル船でしょうか?
20141104031_R.jpg


こんな感じで、カミサンと竹芝桟橋の散策も愉しみました。
20141104032_R.jpg
20141104033_R.jpg


でもって、ネクステージの有楽町に向かったとさ…
20141104034_R.jpg
20141104035_R.jpg


この続きはまた後日でお願いいたします!
スポンサーサイト
  1. 2014/11/05(水) 06:46:54|
  2. Ref.116710LN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

ロレックスを愛した「ミスター・ポップアート」に触れて

こんばんは!

ゴールデンウイーク初日という方も多かったかと思いますが、皆さんいかがお過ごしになられましたでしょうか?


さて、前回記事の続きになります。

例のサルヴァトーレでガッツリとワインを飲んだ後、我々夫婦は六ヒルに向かいました。


六ヒルに来るのもかなーり久しぶりでしたね。
20140426001t_R


不夜城(by 武金城)でしょうか(笑)
20140426002_R.jpg


ナイトシーン with グリムティも間違いない!
20140426003_R.jpg


そそくさと、森美術館に向かいます。
20140426004_R.jpg
20140426005_R.jpg


結構イイ時間ですね。
20140426006_R.jpg


でもって、目的はコレ!
20140426007t_R


言わずと知れた、ポップアートの奇才、「アンディ・ウォーホル展」ですね!?

オフコース、皆さんもご存知ですよね!?

アンディ・ウォーホルがロレックスを愛用していたということを…
20140426008t_R


ではでは、天空の空間に参りましょう(笑)
20140426009t_R


いやー、六ヒルも早10周年ですか…
20140426011_R.jpg


おっとー!

何ッスか?
20140426012_R.jpg
20140426013_R.jpg
20140426014_R.jpg
20140426015_R.jpg


どうやら、撮影は可能なようです(笑)
20140426016t_R
20140426017_R.jpg
20140426018_R.jpg


なるほど、このBMWはアンディが手掛けた「作品」だったんですね!?
20140426019_R.jpg


デカデカとマリリンの画が掲げられてましたね…
20140426020t_R


アレレ…
20140426021t_R


オレ、ガッツリ飲酒してるんだけど(笑)
20140426022_R.jpg


まあ、今回に限り無礼講でイキましょうか(笑)
20140426023_R.jpg



でもって、この後は一切撮影禁止でした。

ひととおり見終わった後、もう一度BMを撮ってみました。

いやー、実にレーシーですねー
20140426024_R.jpg


とりあえず、グリムティとコラボっときましょうかね。
20140426025_R.jpg


こんな感じで、ミスター・ポップアート展を堪能いたしました!
20140426026_R.jpg


最後に、アンディ・ウォーホルについてあまりご存じない方のために、今回のウォーホル展のチラシから少々引用させていただきます。

きっと、「あー!コレは見たことあるー!」という作品があるのではないでしょうか?
20140426027t_R
20140426028t_R
20140426029t_R
20140426030t_R


いやいや、ロレを愛した偉大なる芸術家の作品を改めて拝むことができ、私も非常に嬉しかったですね。
20140426031_R.jpg
20140426032_R.jpg


ちなみにこのアンディ・ウォーホル展、このGW終わりまでやっているようですので、ロレックス好きの皆さんもよろしければぜひ!
20140426033_R.jpg
  1. 2014/04/26(土) 23:50:25|
  2. Ref.116710LN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

毎年恒例!イチゴ狩りツアー(イチゴ狩り&バウムクーヘン作り体験編)

こんにちは!

いやー、きょうもバイヤーですねー(笑)

何か「テンパリストがDefault」になりつつあるのがコワいですが(笑)


さて、例の佐野プレミアム・アウトレットを後にして、ようやく今回のツアーのメインイベントである「イチゴ狩り」に向かいました。
20140408001.jpg


イチゴ農園に到着したのは15時半前でしたね。
20140408002.jpg


一面にビニールハウスが広がります。
20140408003.jpg
20140408004.jpg


んだば、早速狩りますか!
20140408005.jpg


おっと、その前にヘタを入れる紙コップに「試供品」の「とちひめ」が入っていました!
20140408006.jpg
20140408007.jpg


いやー、美しい!
20140408008.jpg


オーケー!

準備はいいかい!?
20140408009.jpg


30分一本勝負スタート!
20140408010.jpg


おいおい、逆シングルをカマシている場合かよ!(笑)
20140408011.jpg


イイ感じで「とちおとめ」が生育していましたよ!
20140408012.jpg
20140408013.jpg


イチゴの葉のグリーンとグリムティのナイスハーモネー(笑)
20140408014.jpg


こんな感じで、ガッツリとイチゴ狩りを楽しみました。

ただ、開始20分でもう「ごっさんでーす!」って感じでしたが(笑)

でもって、イチゴ狩りに続き、農園に併設されているスペースで「バウムクーヘン手作り体験」と相成りました。
20140408015.jpg


既に、材料&調理器具がセット済み!
20140408016.jpg


行くぜぇー!(笑)
20140408017.jpg


おっと、その前にオネエサンから優しくレクチャーを受けました(笑)
20140408018.jpg
20140408019.jpg
20140408020.jpg
20140408021.jpg
20140408022.jpg
20140408023.jpg



我々も見よう見まねでやってみましたが…
20140408024.jpg


意外と上手くできました(笑)
20140408025.jpg
20140408026.jpg
20140408027.jpg


でもって、お持ち帰り用に真っ二つにぶった切ります(笑)
20140408028.jpg
20140408029.jpg
20140408030.jpg


見よ!

この鮮やかな年輪を!(笑)
20140408031.jpg
20140408032.jpg


お持ち帰り仕様!(笑)
20140408033.jpg
20140408034.jpg


こんな感じで、初のバウムクーヘン手作り体験も楽しみました!

そしてこの後、くいだおれのフィナーレである「スイーツ食べ放題」に向かいました…

しかしこの「イチゴ狩りシリーズ」、長いですねー(笑)
  1. 2014/04/08(火) 05:09:04|
  2. Ref.116710LN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

立春を前にHMS with Ref.116710LN

こんばんは。

いやぁ~、きのうは節分できょうは立春でしたが、先ほど都心でも雪が舞っておりました。

これから私も深夜に帰宅しますが、メッチャ寒そうです。


さて、そうは言いつつも、実はきのうの朝、都心は10℃近くあったんですよ。

でもって、ちょうどきのうは月イチの日比谷オフィスへの出勤でしたので、これはチャ~ンス!とばかりに「HMS」(日比谷モーニングショット)をカマシてみました。

おそらく、グリムティでHMSをカマすのは初めてだと思います。


日比谷側から入園です。
20140204001_R.jpg
20140204002_R.jpg
20140204003_R.jpg
20140204004_R.jpg
20140204005_R.jpg


きのうの早朝はクラウディでしたね。
20140204006_R.jpg


そんな中でも、グリムティは間違いないッス!
20140204007_R.jpg


こんな真冬の気候でも、青々と生い茂る木々。
20140204008_R.jpg
20140204009_R.jpg


ガスった光景もまたオツですね。
20140204010_R.jpg
20140204011_R.jpg
20140204012_R.jpg
20140204013_R.jpg
20140204014_R.jpg


そこにグリムティのグリーンGMTバリが挿し色的にGoooooooooooood!!!!!
20140204015_R.jpg


いやいや、かな~り久しぶりに出勤前の日比谷公園でした。
20140204016_R.jpg
20140204017_R.jpg
20140204018_R.jpg
20140204019_R.jpg
20140204020_R.jpg
20140204021_R.jpg


こんな感じで、イイ塩梅の散歩ができました。

でもって、現在は丸ビルオフィスでもがき苦しんでます(笑)
  1. 2014/02/04(火) 05:03:52|
  2. Ref.116710LN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

現行GMTマスターⅡ(SS)の通称に関するFAQ

こんばんは。

きょうも慌しく暮れましたね・・・


最近は超絶多忙を理由に、画像の「量」で勝負する手抜き記事が多かった感が否めませんが(笑)、きょうは久しぶりにテキストガッツリ系の「質」で勝負させていただきます。

さて、今やすっかり定着した感のある(笑)通称、Ref.116710BLNR=「B・BLUE」とRef.116710LN=「グリムティ」ですが、実は以前に私が勝手に命名させていただいたものです。

それをご存知の方から良く、「さいもん様、その語源(理由)はどこから来ているのですか?」というお尋ねをいただくことがありますので、ここで一度整理させていただきたいと思います。


○Ref.116710BLNR
20131226003.jpg


遡ること今年の春でしたでしょうか?

バーゼル2013でRef.116710BLNRがデブットした後、ロレ卿の詩様ブログにおいて同モデルを紹介する記事がアップされました。

その中で、「海外では早くも『○○』や『□□』といった通称が付けられています。一方の日本では・・・、さいもん様どうしましょうか?」というMISSIONが私に課せられました(笑)

というのも、当時は今とは違い、まだロレブロガーが少なかったので、ワンちゃん様、ロレ卿の詩様、私との間で本当に細々とコメのやり取りをさせていただいていた中で、「ブラサブ」・「デイサブ」・「ムラサブ」等々、私が次々と各モデルの通称を勝手に命名していたので、その状況に鑑み、わざわざロレ卿の詩様が私にネタフリをして下さったのです。

それを拝見した私、すぐさまその夜、湯船に浸かりながら足りない頭(by IMAGE DOWN)を捻って考えました。

実は私、大学時代は勉強をほとんどせずに、スタンドでバイトした資金をクルマ&チューニングにブッ込んで走り屋をやっておりまして、今は無きNISSANの名車であった180SXでバッキバキのビッキビキにドリフトをカマシておりました。

当時の走りのステージは、バーチーにある船橋中央ふ頭や、東京湾岸ですとフェリーふ頭や水産物ふ頭だったのですが、たまぁ~に遠征をして、神奈川の金沢文庫の近くにある南部市場にも走りに行っていました。

当時の走り屋は、それぞれ「レーシングチーム(RT)○○」といったふうに皆名前を付けていて、オフコース私の所属していたチームも「RT FINAL DASH(仮称)」といったネーミングでした。

チーム名の入ったオリジナルのステッカーや、背中に大きくチーム名をプリントした2輪用トレーナー(←わかりますかね?このトレーナーの袖丈と着丈をハサミで短丈にカットしてツナギの上に着るんですよ) を製作したもんですよ(懐&笑)

おっと、話が逸れました。

でもって、その南部市場をホームとしていたメッチャドリフトが上手かったチームで「横浜 B-BLUE RACING」という集団がいました。


参考までに、このページの「プロフィール欄」をご覧下さい。このチームから現役のレーサーも輩出しております。

http://www.kunnyz.net/d1gp


おそらく、このチームの方々も、当時はもう解散後でしたが、BOOWYの名曲である「B・BLUE」からチーム名をパクったのでしょう。

で、なぜかそのネーミングが当時から20年くらい経った今年でも私の頭の中に残っていて、風呂の中で「あれっ?『ビー・ブルー・レーシング』と『ビー・ブルー・ベゼル』って語呂が似ているなぁ・・・」と閃いたんですよね。

「B」が「BLACK」、「BLUE」はそのママ「BLUE」でベゼルカラーの意味合い的にもピッタシですし。

それで、こりゃスグにロレ卿の詩様ブログにコメらなきゃいけない!と思い、ソッコー風呂から上がって「B・BLUEでいかがでしょうか?」とコメを入れさせていただきました。

ロレ卿の詩様からのReでは、「流石はさいもん様、仕事が早いですね。」とお褒めの言葉を頂戴したときはホントに嬉しかったですよ(笑)

その後、ロレ卿の詩様ブログでそのネーミングがご披露され、次いで、スーパーカリスマロレブロガーでいらっしゃるワンちゃん様ブログでもB・BLUEが使われるようになりました。

そしてさらに、今やロレ好きで知らない方はいないほど有名になられたJFK様ブログでもB・BLUEが使われ、市民権を得た感じとなりました。

したがいまして、「B・BLUE」の語源は、直接的にはBOOWYの名曲、間接的にはドリフトのレーシングチーム名なのです。

ドリフトってのも結構意外ですよね。


○Ref.116710LN
20131226001.jpg


一方のグリムティの語源は極めてシンプルです。

今年5月に皆様にもお馴染みの「プラチナオレンジ君」がブログを立ち上げました。

彼は当時、Ref.116710LNとRef.216570WHを保有しており、良くブログでも紹介していたんですよね。

でもって、私も彼と何度もコメのやり取りをしていく中で、「んっ、待てよ?BLNRにB・BLUEという通称があって、LNには無いのはバランス悪いよな」と思ったんですね。

それで、またもや「足りない頭(by IMAGE DOWN)」を捻って考えました。

私のグリーンに対する思い入れは今更もう説明の余地は無いと思いますが、そういった理由もあり「GMT針のグリーンが何か反映されたネーミングにしたいよな」と考え、「グリーンジーエムティー」→「グリームティー」→「グリムティ」と派生させてみました。

でまた、自分的にはコレがシックリきたんですよね。

それを早速プラチナ君ブログにコメしたところ、彼も「イイですね。早速使わせていただきます。」ということで、以降、頻繁に使ってくれるようになりました。

その後の展開はB・BLUE同様、ワンちゃん様ブログやJFK様ブログでも使っていただき今に至るという感じですね。

したがいまして、グリムティの語源は、LNのGMT針のグリーンとモデル名が融合してできたモノなのです。


こうして整理してみると、自分が好き勝手に考案した通称ですが、現在は広く皆さんにもお使いいただけて非常に嬉しいですね。

今後とも「B・BLUE」と「グリムティ」をよろしくお願いいたします(笑)
20131226004.jpg
20131226002.jpg


なお、これらの内容に「ホントかよっ!」と疑念を抱かれた方は、敢えてリンクは貼りませんが、ロレ卿の詩様ブログですと今年の4月27・28日の記事&コメ(「ROLEX」のカテゴリで検索されるとイイかもです)、プラチナ君ブログですと今年の6月3日の記事&コメでエビデンスを押さえていただくことができます。


私も明日でこの超絶業務とは暫しのお別れ、仕事納めになります!

ってことで、きょうもまだまだ頑張りま~す(泣)
  1. 2013/12/26(木) 21:18:35|
  2. Ref.116710LN
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16
次のページ

プロフィール

さいもん

Author:さいもん
ROLEXと氷室ックが大好きなボンビー三流リーマンです。
とりとめのない日々の雑感ですが、よろしければお付き合いください。

最新コメント

カテゴリ

Ref.116334 (18)
Ref.116710LN (8)
Ref.116520 (22)
Ref.116610LV (9)
Ref.116610LN (12)
Ref.116509 (15)
Ref.114060 (6)
Ref.116660 (7)
Ref.216570 (23)
Ref.214270 (12)
Ref.16610LV (1)
Ref.16710 (1)
ROLEX (43)
TAIBAN (63)
HIMROCK (23)
MY STYLE (10)
FOODS (126)
BRITISH SHOES (16)
OTHER SHOES (7)
SPORTS (66)
MUSIC (12)
HOLIDAY (23)
TRAVEL (81)
PHOTOGRAPH (9)
CAR (3)
BIKE (2)
TOY (2)
LIKE (2)
OTHERS (14)
未分類 (1)

最新記事

これまでの来訪者数

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR