人生は「CARPE DIEM」 with ロレックス

大好きなロレックスと歩む日々を綴ったブログです。

夏の終わりの栃木路を行く(Part1)

こんにちは!

いや~、ようやく今週も終わりが見えてきましたね~

この土日、東京近郊はまあまあの天気と予想されておりますので、私もスポ観飲み等でもカマせればと思っております。


さて、前回のタオネエ記事からだいぶ間隔が開いてしまいましたが、ちょっとした振り返り記事でも書いてみたいと思います。

夏も終わりの8月下旬、金曜日に夏期休暇が取れましたので、カミサンと「いつもグンマーなので、今回はトチギーでも行こか~」という話になりまして、クルマで行って来ました。

都内をヌケる首都高で少々混雑しましたが、一応「平日」ということもあって東北道はスイスイと流れてまして、佐野SAでシーメーを食うことになりました。
20170921001_R.jpg


佐野と言えば、メーランが有名ですよね。
20170921002_R.jpg


昼時にはチョイと早いですが、まあイイでしょう。
20170921003_R.jpg


佐野ハイウェイレストランというところに入ってみました。
20170921004_R.jpg


「都道府県魅力度ランキング2016」では、茨城と最下位争いを展開したトチギーですが(45位はグンマー 笑)、なかなかどうして、観光スポットは多いらしいッスよ。
20170921005_R.jpg


んだば、早速入店~♪
20170921006_R.jpg


やはり、メーラン推しでオナシャス!
20170921007_R.jpg


私はこの「みみうどんダーサラ」にしてみましたよ。
20170921008_R.jpg


ちなみに、みみうどんをご存じない方のために、少々解説しますと…

○佐野市仙波町に昔から伝わる、耳の形をした料理である。

○仙波町では、このうどんをお正月に食べるのが習慣になっている。

○耳うどんは悪い神様の耳を意味しており、耳を食べてしまえば家の話を悪い神様に聞かれることがないから、一年間悪いことが起こらない、つまり、魔除けになると言われている。また、耳を食べてしまえば悪口が聞こえないため、近所との交際が円満にいくなどの言い伝えもある。

○江戸時代の終わり頃に出来たもので、もともとは正月用の保存食として作られた。その後、大正時代に魔除けとして食べられるようになった。

○すいとんに近い食感で、具は五目うどんと似ており、汁も関東風の濃い醤油味である。

○おせち料理の残り物を処理する、という感覚が強く、耳うどんを出すうどん屋でも伊達巻等おせち料理の素材を入れて出す店もある。

○京都市東山区の祇園町にある「うどんミュージアム」では2012年12月22日の開館以来、耳うどんが5か月連続でトップの月間売上を記録した。

ってな感じらしいです。


カミサンはメーランを頼んでましたね。
20170921009_R.jpg


この前日からメディアでも騒がれてましたが、現在も山中慎介は複雑な心境でしょうね…
20170921010_R.jpg
20170921011_R.jpg
20170921012_R.jpg


トチギーと言えばギョーザですよね。
20170921013_R.jpg


そうこうしているうちに、みみうどんがサプライ!
20170921014_R.jpg


こちらは、カミサンのメーラン。
20170921015_R.jpg


フツーのダーサラもイットキました。
20170921016_R.jpg


幸せなテーブル(笑)
20170921017_R.jpg


なんちゃってでガマン!
20170921018_R.jpg


出たっ!さのまる!!
20170921019_R.jpg


プロフィールはこんな感じ。
20170921022_R.jpg


みみうどん、なかなかまいう~でしたね。
20170921020_R.jpg
20170921021_R.jpg


鬼食い完食!
20170921023_R.jpg


こんな感じで、トチギー観光前の腹ごしらえを愉しみました。

この続きは次回以降に展開します。
スポンサーサイト
  1. 2017/09/22(金) 12:48:57|
  2. TRAVEL
  3. | トラックバック:0

本格的な夏を前にグンマーを訪問する(Part3)

こんばんは!

いや~、今週もようやくあと1日になりましたね~

このところ、都区部はやや涼し目で比較的過ごしやすくて助かりました。

ただ、週末は晴れて少しアツさがぶり返すようですので、体調面でも気を付けたいですよね。


さて、かなり間延びしてしまった例のグンマーシリーズですが、きょうをもってようやくクローズできます(笑)

ってことで、ダムを後にして向かった今回最後の訪問地は、「吹割の滝」という、群馬でも比較的有名な景勝地ですね。
20170907001_R.jpg


Wikiによれば…

吹割の滝(ふきわれのたき)は、群馬県沼田市にある滝。高さ7メートル、幅30メートル。奇岩が1.5キロメートルに渡って続く片品渓谷(吹割渓谷)にかかる。河床を割くように流れ、そこから水しぶきが吹き上げる様子からこの名が付けられた。2000年のNHK大河ドラマ『葵 徳川三代』のオープニングにも登場した。1936年12月16日に旧文部省より、天然記念物および名勝に指定されている(「吹割渓ならびに吹割瀑」)。

ってな感じです。


お~、TWILIGHTに流れる片品川がまたイイですね~
20170907002_R.jpg


この画像だけを見れば只野川写真なのですが…
20170907003_R.jpg


やや下流の方に目をやると…
20170907004_R.jpg


お~、だんだんハゲしい感じになってきたで~
20170907005_R.jpg


イイですねイイですね~
20170907006_R.jpg


スプラッシュな感じですか~!
20170907007_R.jpg


お~、滝らしくなってきた~
20170907008_R.jpg


滝や滝や~
20170907009_R.jpg
20170907010_R.jpg


水量ハンパないッス!
20170907011_R.jpg


まさしく「自然」を感じましたね。
20170907012_R.jpg


ココもこれまで数回来てますが、毎回感動がありますね。
20170907013_R.jpg


吹割の滝、また来るぜ!
20170907014_R.jpg


それで、吹割の滝で観光は終了し、帰路に就いたのですが、沼田ICから関越に乗った時点で腹ヘルス工業(古)になったので、埼玉県に入ってスグの上里SAに入りました。

グリル膳にしようかとも思いましたが…
20170907015_R.jpg
20170907016_R.jpg


長崎ちゃんぽんでオナシャス!
20170907017_R.jpg


しかし、食券の日付けが6月3日て…
20170907018_R.jpg


ちゃんぽんも炭水化物多めですからね…
20170908019_R.jpg


からだすこやか茶Wもオナシャス!
20170907020_R.jpg


料理が出来上がったらコイツが知らせてくれるという便利なシステムでした。
20170907021_R.jpg


そうこうしているうちに、ちゃんぽんがサプライ!
20170907022_R.jpg


美味そうッスね~
20170907023_R.jpg


実食開始!
20170907024_R.jpg


おやちゃいタップシ!
20170907025_R.jpg


ワシワシ逝って、鬼食い完食~♪
20170907026_R.jpg


間違いなかったッス!
20170907027_R.jpg


ネコな割には早食いできました(笑)
20170907028_R.jpg


上里SAもまた来るぜ!
20170907029_R.jpg


こんな感じで、本格的な夏を前にグンマーの旅を愉しみました。

しかし、ブログで紹介し終わるのが3か月以上後の秋口になるとは、私の体たらくっぷりも大爆発ですよね(笑)

次回の記事は、もうすこし「鮮度」に気を付けたいと思います。

それでは皆さん、Have a nice weekend!
  1. 2017/09/07(木) 19:48:11|
  2. TRAVEL
  3. | トラックバック:0

本格的な夏を前にグンマーを訪問する(Part2)

こんにちは!

いや~、先週のお盆ウィークも終わり、今週から通常営業になってしまいましたね~

首都圏を走る電車も、だんだんといつもの混雑具合を取り戻しつつありますね。


さて、まずは先週の山中慎介防衛戦は極めて残念な結果に終わりました。

まあ、「黄金のバンタム級」で12回防衛しただけでもゴイスーな実績ですので、胸を張って現役続行なり、引退なりを判断して欲しいと思います。


それでは、グンマー旅行の続きを展開します。

おっきりこみでハラを満たした後は、遠路はるばる利根川水系の最奥地である矢木沢ダムに向かいました。


拙ブログをずっと前からご覧いただいている方であれば、私が「ダム男」であることもご存じかとも思います。

ってことで、独立行政法人 水資源機構が運営する「ネイチャービュー矢木沢」に到着~♪
20170819001_R.jpg


それでですね、この日は真夏の格好だったのですが、この辺ともなると気温がメッチャ低く、散策ほぼムリでした(笑)

したがって、インドア系でオナシャス!
20170819002_R.jpg
20170819003_R.jpg


我々以外、観光客なーし!
20170819004_R.jpg


矢木沢ダムは今年で竣工50周年のようです。
20170819005_R.jpg
20170819006_R.jpg


まさしく、ココが「首都圏の水がめ」であることが分かります。
20170819007_R.jpg


水は大切に使おうぜ!
20170819008_R.jpg


川上から…
20170819009_R.jpg


川下へ…
20170819010_R.jpg


奥利根にはツキノワグマも生息してるんですね~
20170819011_R.jpg


ちなみにスマホが圏外だったのですが、電波時計の電波は届くのでしょうか?
20170819012_R.jpg


おっと、ビデオでダムの紹介をしているんですね?
20170819013_R.jpg


折角なので観ることにしました。
20170819014_R.jpg


確かにそうだろうね~
20170819015_R.jpg


ビミョーな狭い感。
20170819016_R.jpg


ビデオの内容ですが、利根川水系にお世話になっている我々としても、ヒジョーに興味深いモノでしたよ。
20170819017_R.jpg
20170819018_R.jpg
20170819019_R.jpg
20170819020_R.jpg


ビデオ鑑賞後は、寒いので一瞬だけダムまわりを歩きましたよ。
20170819021_R.jpg


雨が降ってなかったのがせめてもの救いでしたね。
20170819022_R.jpg


ココに来たのも4年ぶりでしたでしょうか?
20170819023_R.jpg


高所恐怖症の方は絶対に行かない方がイイですね。
20170819024_R.jpg


放水するところですね。
20170819025_R.jpg


おっと、ダム男にはタマラナイ余水吐ゲートですね。
20170819026_R.jpg


それで、そそくさと矢木沢ダムを後にし、今度は奈良俣ダムに向かいました。

途中、発電所Likeなモノもありつつもで…
20170819027_R.jpg
20170819028_R.jpg


そして、奈良俣ダムに到着~♪
20170819029_R.jpg


諸元もありました。
20170819030_R.jpg


所謂「ロックフィル式」のダムです。
20170819031_R.jpg


ダム湖百選のひとつみたいですね。
20170819032_R.jpg


余水吐ゲートです~
20170819033_R.jpg
20170819034_R.jpg


放水路!
20170819035_R.jpg


ココも我々以外、観光客なーし!
20170819036_R.jpg
20170819037_R.jpg


コレがロックフィルなのだ!
20170819038_R.jpg


こういった青々した木々を見ると癒されますよね。
20170819039_R.jpg
20170819040_R.jpg


ココも結構寒かった…
20170819041_R.jpg
20170819042_R.jpg


おっと、ヒルトップ奈良俣ですか…
20170819043_R.jpg
20170819044_R.jpg


有料なら誰も入らんちゅーの!
20170819045_R.jpg


でっ、デカッ!
20170819046_R.jpg
20170819047_R.jpg


こんな感じで、矢木沢と奈良俣の両ダムを愉しみました。
20170819048_R.jpg


それでは皆さん、今週もガッツリとカマして参りましょう!
  1. 2017/08/21(月) 12:41:37|
  2. TRAVEL
  3. | トラックバック:0

本格的な夏を前にグンマーを訪問する(Part1)

こんばんは!

いや~、きょうの江戸もアツかったですね~!

まあ8月なんで当たり前なんですが、この湿気だけはなんとかならないもんですかね…

ただ、台風5号が今夜以降、首都圏の交通機関へ悪影響を及ぼすことを懸念し、きょうは強制的に定時アガリクスさせられまして、早くも自宅でストゼロ9パーを呷ってますよ(笑)


さて、前回・前々回のアン シネをだいぶ引っ張ってしまいましたが(笑)、今回は少し真面目な?記事を放り込みたいと思います。

時間軸的には2か月ほど前になりますが、私の第二の故郷でもあるグンマーまでクルマで行って来まして、その時の様子を数回に分けて展開したいと思います。

おっと、関越道高坂SAですね。
20170807001_R.jpg


この日はグリサブでオナシャス!
20170807002_R.jpg


でもって、まず訪れたのはこちら。

拙ブログでも何度も紹介した、グンマーの郷土料理である「おっきりこみ」を食べさせてくれる「上州 田舎屋」です。
20170807003_R.jpg


時間的にもまあまあでしたでしょうか。
20170807004_R.jpg


早速入店~♪
20170807005_R.jpg


まあ、注文するモンはほぼ決まってますが、一応メニューも見ときますかね。
20170807006_R.jpg


相変わらず味のある店内ですね~
20170807007_R.jpg
20170807008_R.jpg


う~ん、時間的にも腹ヘルス工業(古)。
20170807009_R.jpg


今回頼んだのは…
20170807010_R.jpg


おっきりこみと、
20170807011_R.jpg


カミサンは釜めしと、
20170807012_R.jpg


ダーサラでしたね。
20170807013_R.jpg


へへへ、今やコイツらも欠かせないですね。
20170807014_R.jpg
20170807015_R.jpg
20170807016_R.jpg


ある種奇妙な画ではあります(笑)
20170807017_R.jpg


おっと、そうこうしているうちにダーサラがサプライ!
20170807018_R.jpg


続いて、おっきりこみもキマシたね~
20170807019_R.jpg


相変わらずの屈強なゴンブト麺がタマリマセンな~
20170807020_R.jpg


実食開始!
20170807021_R.jpg


すこやか茶で麺を流し込むイメージでしょうか。
20170807022_R.jpg


美味い!
20170807023_R.jpg


美味過ぎるぅ~!
20170807024_R.jpg


野菜もタップシ!
20170807025_R.jpg


こちらはカミサンの釜めしですね。
20170807026_R.jpg


う~ん、コイツもなかなか美味そうですね…
20170807027_R.jpg


小鉢として冷奴でしょうか…
20170807028_R.jpg


私も少々おすそわけしてもらいました。
20170807029_R.jpg


そうこうしているうちに、鬼食い完食~♪
20170807030_R.jpg


ネコの割にはなかなかのスピード感(笑)
20170807031_R.jpg


やはり、ココんちで喰らうおっきりこみは、毎回ながら間違いないッス!
20170807032_R.jpg


そして、食後は大量の粒ガムを口内にブチ込みます!
20170807033_R.jpg


ごっさんで~す!
20170807034_R.jpg


群馬県知事からも表彰されているようです。
20170807035_R.jpg


ただ、シャシーンにも写っているココんちのダンナ、エラく早口でタマに何言ってるのか聞き取れないことがあります(笑)
20170807036_R.jpg
20170807037_R.jpg


おっと、この日のローカル紙である上毛新聞のトップは「出生数最少」ネタですね。
20170807038_R.jpg


以前から東京の出生率の少なさは言わずもがな、近年は地方都市であるグンマーもまた然りなんですね~
20170807039_R.jpg


オイッ、オーイ!近年の減少度合いハンパないやないか~い!!
20170807040_R.jpg


ってな感じで、上州 田舎屋、また来るぜ!
20170807041_R.jpg


そして、これも毎度おなじみである、グンマーのスーパーと言えばフレッセイに向かいます。
20170807042_R.jpg


ココで購入するはオフコース!
20170807043_R.jpg


田舎屋を臨みながらの…
20170807044_R.jpg


チョコモナカジャンボでしょう!
20170807045_R.jpg


こんな感じで、おっきりこみタイムを愉しみました。
20170807046_R.jpg


この続きは、次回以降に展開します。

それでは皆さん、今週も引き続きガッツリとカマして参りましょう!
  1. 2017/08/07(月) 18:41:12|
  2. TRAVEL
  3. | トラックバック:0

毎年恒例!イチゴ狩りツアー (FINAL)

おはようございます!

いや~、きのうは月曜日だと言うのに、仕事後はハードな飲みをカマしてしまい、早くも火曜日の朝からヘロヘロとなっております(笑)


さて、ほぼ半月にわたり、ダラダラと展開してきたこのシリーズですが、今回をもってようやくクローゼ、もといクローズとなります。

ってことで、我々は今回のツアーで最終の目的地である東京ドイツ村というところにやってきました。

木更津にあるのになぜに「東京」なのかは不明ですが(笑)

このドイツ村、このときの季節はイルミがメッチャ綺麗というのがウリみたいですね。
20170418001_R.jpg


我々が来た年月日。
20170418002_R.jpg


入口からLEDがガッツリと盛られていますね。
20170418003_R.jpg


この、マルクトプラッツというのは、買い物やメシを食ったりする施設でしたね。
20170418004_R.jpg


これでもか!と装飾されている建物群。
20170418005_R.jpg
20170418006_R.jpg
20170418007_R.jpg


園内のいたるところにLEDが敷き詰められています。
20170418008_R.jpg
20170418009_R.jpg
20170418010_R.jpg


ただただ感心するばかり…
20170418011_R.jpg
20170418012_R.jpg


イルミだけをピックアップするのであれば、TDL・TDSとタイマン張れるというか、それらを凌駕しています。
20170418013_R.jpg
20170418014_R.jpg
20170418015_R.jpg


それで、「みはらしだい」という小高い丘に登ってみると…
20170418016_R.jpg


うわっ!メッチャ綺麗やん!!
20170418017_R.jpg
20170418018_R.jpg


これぞまさしく「俯瞰の美学」ですね!
20170418019_R.jpg
20170418020_R.jpg
20170418021_R.jpg


でもって、かなりカラダがしえたので、チョイと温かいモノでも食おうとなりまして…
20170418023_R.jpg
20170418022_R.jpg


さらに、こういったイートインスペースがありまして…
20170418024_R.jpg


ヒゲのジーオヤさんの逸物よりも短いフラフルと(笑)
20170418025_R.jpg


珍しいギョーザマンをイットキました。
20170418026_R.jpg


もう夕食の時間ですね。
20170418027_R.jpg


このギョーザマン、
20170418028_R.jpg


ホンマにギョーザが入っとる!
20170418029_R.jpg


この東京ドイツ村、「関東三大イルミ」に認定されているようです。
20170418030_R.jpg


興味がある方はよろしければ…
20170418031_R.jpg
20170418032_R.jpg
20170418033_R.jpg


とは言いつつも、今年のは終了してますが(笑)
20170418034_R.jpg


アクアラインを使えば、江戸からも近いですね。
20170418035_R.jpg
20170418036_R.jpg


最後に、トドメのイルミをカマしておきます。
20170418037_R.jpg
20170418038_R.jpg
20170418039_R.jpg
20170418040_R.jpg


でもって、眩いばかりのイルミを堪能した後は、オフコース!ルービーでしょう!
20170418042_R.jpg


ココは屋内BBQもできるみたいッスね。
20170418041_R.jpg


くぅ~、ドイツ村でカマすルービー、
20170418043_R.jpg


間違いないッス!
20170418044_R.jpg


ツマミは揚げ春巻みたいなモノをイットキました。
20170418045_R.jpg


今度ココに来たときは…
20170418046_R.jpg


国産ルービーではなく、ドイツルービーをカマしたいとも思いましたね。
20170418047_R.jpg


こんな感じで、イルミがめちゃくちゃキレイなドイツ村を愉しみました。
20170418048_R.jpg


最後になりますが、今回の一連のイチゴ狩りツアーはどこもなかなか良いところばかりだったので、評価値として5段階中4を差し上げても遜色ない気がしますね。

したがいまして、また何年後かに同内容のツアーがあれば再び行ってみたいと思います。

長きにわたり、お付き合いありがとうございました。

いや~、ようやく次のネタにイケますよ(笑)
  1. 2017/04/18(火) 06:58:30|
  2. TRAVEL
  3. | トラックバック:0
次のページ

プロフィール

さいもん

Author:さいもん
ROLEXと氷室ックが大好きなボンビー三流リーマンです。
とりとめのない日々の雑感ですが、よろしければお付き合いください。

最新コメント

カテゴリ

Ref.116334 (18)
Ref.116710LN (8)
Ref.116520 (22)
Ref.116610LV (9)
Ref.116610LN (12)
Ref.116509 (15)
Ref.114060 (6)
Ref.116660 (7)
Ref.216570 (23)
Ref.214270 (12)
Ref.16610LV (1)
Ref.16710 (1)
ROLEX (44)
TAIBAN (63)
HIMROCK (23)
MY STYLE (10)
FOODS (126)
BRITISH SHOES (16)
OTHER SHOES (7)
SPORTS (69)
MUSIC (12)
HOLIDAY (23)
TRAVEL (84)
PHOTOGRAPH (9)
CAR (3)
BIKE (2)
TOY (2)
LIKE (2)
OTHERS (14)
未分類 (1)

最新記事

これまでの来訪者数

最新トラックバック

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR